オナニーを手伝ってくれた看護婦さん [エッチ体験]

骨折してしまい整形外科病棟の2人部屋に入院していた時、

1人が外泊していてその日は部屋に1人でした。

友達が持って来てくれたエロ本を見たら、

オナニーしたくなってしまい、

23時頃ベッドランプつけオナニーしていたら、

急に看護婦さんが部屋に入ってきて

カーテンを開けられ見られてしまいました。

電気がついているから入ってきたみたいで、

恥ずかしくて恥ずかしくてたまりませんでした。

看護婦さんが

「手伝ってあげようか?」

というと自分の耳を疑いました。

「何を手伝ってくれるの?」言うと、

「分かっているくせに」と言われました。

「手伝って下さい」と言うと、

しごいてくれました。

5分くらいでいってしまい、

お礼を言うと、笑顔で病室から出て行きました。

その看護婦さんがまた夜勤の日、

深夜お腹がいたくなってしまい、

車椅子に乗りトイレに行こうとしたのですが、

途中我慢できなくて漏らしてしまいました。

トイレに着きナースコールを押すと、

オナニーを手伝ってくれた看護婦さんが来てくれて、

自分は漏らした悔しさで泣いてしまうと、

慰めてくれてトイレの中できれいに清拭してくれて、

着替えを持って来てくれて履かしてくれました。

その時、看護婦さんのストッキングにうんちがついてしまい、

謝ると「気にしなくていいのよ」と

優しい言葉をかけてくれました。

いくら仕事とはいえ、

ここまで優しく丁寧に、

うんちの処理も嫌がらず

笑顔でやってくれる看護婦さんはすごいと思います。

本当にその看護婦さんには感謝しています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!