こんな可愛い顔してやらしいマンコだw[エッチ体験談]

金曜の夜、俺は会社の飲み会で新宿にいた。

ウザいぐらい上司が飲ませてくるから、

いつもネカフェに泊まるハメになる。

この日もそうだった。

結構イジメられキャラだから、いつも飲まされるんだ。

酔っ払って帰る気力も無かった俺は、いつもの漫喫にGO!

客の入りは上々。

金曜の夜だしね。

俺はできるだけ奥の方を選んだ。

だって寝てるのに、

ジュース取り行くヤツの足音で起きるの嫌だし。

とりあえずネクタイと上着を脱いで、アツいコーヒー。

パカパカとエロサーフィン。

気になったエロ動画をDLして、ヘッドフォン装着。

コキたいけどこの状況じゃね。

TV見て寝ようかと思ってたら、足音が近付いてきた。

カーテンの隙間を凝視してたら、女の子が通過。

しかも俺の隣。

ゴソゴソと動く音。

なぜかそんな音にも興奮する俺。

すると女の子が出てきた。

ちゃんと顔をチェックするしかない!と思って俺も出る。

目の前を歩く女の子は、ちょっとフラフラしてる。

俺と同じ酔ってる感じだ。

飲み物コーナーに向かったので、

ワザとらしくならないように顔チェック。

結構可愛いじゃん!

『ヤリすぎこーじー』とかの後ろにいる感じの子。

なぜか嬉しくなる俺。

個室に戻って隣の音に耳を立てる。

静かだ。

TVでも観てるのか。

するとまた女の子が出て行った。

ダメだと思いながらも、俺は隣を覗いた。

バッグ置きっぱなしで出て行っちゃったよ。

不用心だな・・・と思いながら、立ったついでにトイレへ。

目が冴えてきた俺は、チラホラ漫画チェック。

しばらく経って戻ってみると、マジで心臓が止まるほどビックリ!

だってその女の子が、俺のスペースにいるんだもん。

しかもイスに座って寝てやがる!

小心者の俺は焦って逃げ出した。

ウロウロしながら、どうしたもんかと考え中。

多分20分近くウロウロしてたと思う。

戻ってみるとやっぱり寝てる。

俺は勇気を出して言った。

「ちょっと・・・ここ・・・俺のとこなんだけど・・・」

肩を揺すったが起きる気配なし。

「ちょっと・・・!」

今度は強く揺らしてみる。

揺らしてて気が付いたんだが、

白いTシャツの前がモッコリ盛り上がってる。

巨乳ジャン!おれの大好物な巨乳ジャン!

「んあ・・・イイの。イイの」

意味の分からん言葉を発して、起きる気配のない子。

俺は思った。

この状況なら、おっぱい揉んでもイイんじゃね?

Tシャツ捲って、乳首舐めてもイイんじゃね?

良く見ると、結構遊んでそうな感じだし。

俺のスペースに勝手に入ってきたんだし。

でも俺は小心者。

とりあえずまた外に出てウロウロ。

10分ぐらいかな。

戻ってみる。

やっぱり寝てるよ。

女の匂いを嗅いでみる。

イイ匂いじゃ~ん。

首元の匂いを嗅いだ時、マジで焦った!

この女、「あふぅ~ん・・・」とか言い出しやがった!

深夜の漫喫で、その声のトーンは犯罪です。

完全にエロい事をしてる声だってバレバレじゃん。

やっぱり勇気を出して起こしてみる。

「ねぇ~ねぇ~起きてよ。

ちょっと・・・」

「大丈夫だってば・・・もう帰るから。

う~ん・・・はい」

意味が分からん。

俺は考えた。

これは強引に抱き起こして、隣に寝かせるべきなんじゃないか?

それとも荷物を移動させて、俺は隣に行って寝るか?

女が部屋に陣取ってから、既に1時間以上が経過。

酔いもすっかり醒めて、無い頭をフル回転させる。

触れるし、もしかしたらオッパイも揉めそうだし・・・。

隣に運ぶか!

俺は女の前に立って、両手を俺の首に回させた。

前から抱きかかえるようにして立たせる。

完全にグロッキーじゃねーか。

重いよ・・・。

身長が結構あるせいか、マジで重い。

一回持ち上げる事を断念して戻す。

そんでもう一度チャレンジ。

オッパイが胸に当たる。

柔らかい・・・デカい・・・勃起する。

フッと力を入れると、女が俺に抱きついてきた。

「うぅ~ん・・・ダメ・・・う~ん・・・水飲みたい・・・」

ふざけんな!俺は召使いか!

俺はもう1度女を座らせ、とりあえず水を取ってくる。

持ってきたよ~と飲ませてやると、

うんうん言いながら飲んでやがる。

「お風呂入るぅ~」

声がデカい!

「ちょっと・・・ここ漫喫だよ?起きてよ」

「イイからイイから・・・」

完全に泥酔してる女。

考えた。

これはお持ち帰りしちゃってイイんじゃね?

ホテルに連れ出して、途中で気が付いたらまたここに戻ればイイし。

でも俺は小心者。

アレコレ悩んだ。

こんなチャンス、後にも先にもこれっきり。

行かなきゃ男がすたる!

覚悟を決めて俺は聞いた。

「じゃ~お風呂があるホテルに行こうか?」

「うぅ~ん。

お風呂が・・・おふ・・・」

隣に行き、彼女の荷物を取ってくる。

俺もそそくさと身支度をして、彼女の肩を首に回す。

あ・・・会計しなきゃじゃん。

彼女をもう一度寝かせて、レジへ向かう。

カードの裏を見て、名前をチェック。

彼女の名前・・・加藤ゆかり。

会計を済ませて、俺は彼女を抱きかかえる。

エレベーターに乗って考えた。

近くのホテルってどこだろ。

なんせここ5年以上彼女無し。

新宿のホテルなんて5年間近寄ってない。

なんとか考えながら、夜の新宿を徘徊する。

女を抱えて。

千鳥足だが、彼女も歩いてくれている。

あった!あそこだ!行った事のあるホテルだ!

ホテルに無事ついて、女を寝かせる。

心を落ち着かせる為に、とりあえず冷蔵庫からコーヒーを出す。

タバコに火をつけて、寝ている女を観察してみる。

やっぱりイイ体してやがるぜ。

お風呂にお湯を入れて(入りたいって言ってたから)戻る。

コーヒーを飲みつつ、お湯が溜まるのをしばし待機。

お湯が溜まったから、覚悟を決めて女に言ってみる。

「お風呂入れるよ」

「う~ん、分かったぁ~・・・」

そう言うと、この女!自らジーパンを脱ぎだしやがった。

白いパンティー。

レースが可愛いじゃねーか。

グシャグシャになったジーパンを受け取り、なぜか畳む俺。

う~んと唸りながら、待ちに待ったオッパイのご開帳!

Tシャツを脱ぐと、思った通りのデカいオッパイ登場。

ブラがあっていないのか、乳輪がちょっとはみ出てる。

もう俺のチンコはギンギン。

ていうか、俺はこの時はすでにトランクス一枚。

モゾモゾ動きながらブラを取る女。

出たー!真白なおわん形の巨乳ちゃん。

パンツも脱いだのだが、動きが止まる。

「お風呂イイ~よ~」

そう促すと、また動き出した。

俺はドキドキしながら肩を貸して、女をお風呂に連れて行く。

そして湯船に座らせた。

一度お風呂を出たのだが、よくよく考えると危ない。

溺死した日にゃ~取り返しがつかない!

俺も入ってやるか。

ドキドキしながらトランクスを脱いで、いざお風呂へ!

入ってみると、案の定寝てやがる。

湯船に入った。

目の前には綺麗な巨乳が見えている。

思わず乳首を触ってみる。

反応なし。

俺のチンコは爆裂するぐらい勃起中。

しばらく目で楽しんで、俺は後ろに回る事にした。

このほうが触りやすいしね。

後ろにまわった俺は、腰にチンコを押しつける。

反応なし。

恐る恐るオッパイを揉んでみる。

「いやぁ~ん・・。

もう・・・」

反応あり!

調子に乗って揉みまくる。

乳首もクリクリ。

乳首硬くなってるし。

5年間触ってなかった女体、オッパイ、飽きるまで揉み倒す。

熱い・・・。

気が付くと彼女も真っ赤。

俺はチンコをお湯の中で洗って、女のアソコも洗ってみた。

ニュルっという感触。

濡れてるじゃん!

遠慮なく弄ってみると、普通に喘ぎだす女。

指で洗ってやって抱きかかえる。

ちょっとしか体を拭けなかったけど、ベッドに寝かせた。

もう俺は遠慮しなかった。

オッパイにむしゃぶりつき、乳首を舐めまわした。

「んっ・・・あっ・・・ダメ・・・うっん・・・」

アソコを触ってみると大洪水。

クリトリスをクリクリやってやると、どんどん喘ぎだす。

「はぁ~はぁ~イイ・・・ソコッ・・・イイの・・・」

俺は指を入れた。

中指でGスポットを撫でまわす。

「あぁ~っ!気持ち・・・イイっ・・・あっ・・・んはっ・・・」

人差し指も入れて、2本の指でかき回す。

「ダメっ・・・イっちゃう・・・あっ・・・イクっ・・・!」

酔っ払ってたくせに。

って思った瞬間、女の目がカっと開いた。

俺の顔をキョトンと見る女。

「えっ??誰??何??」

焦った俺は、とりあえず指を動かした。

「いやっ・・・だれ?・・・あん・・・ヤダ・・・」

言いながら喘いでるじゃん。

俺は指を抜き、すかさずチンコを入れた。

大洪水だったから、ニュルリと簡単に挿入完了。

入れた瞬間、仰け反る女。

「あぁ~~っ!ダメだってばぁ~~誰なの・・・あっ・・・」

俺は何も言わず出し入れを開始した。

何か聞かれると焦るから、何も言えないぐらい激しく動いた。

すると女は完全に喘ぎ出した。

「あっあっあっ・・・イイっ・・・もっと・・・はぁ~~~っイイっ・・・」

俺は女の唇を吸った。

初めはイヤと言い顔を背けたが、

強引に吸いつくと、自ら舌を絡めてきた。

揺れる巨乳を揉みまくる。

思い出してきた。

5年ぶりのセックスの味。

彼女がだ好きだった腰の動き。

奥までズッポリ入れて、チン毛でクリトリスを擦る。

子宮の近くを亀頭でグリグリこねくりまわして、クリトリスを擦りあげる。

この女も気に入ったようだ。

俺の首に手をまわし、抱きついて来て首を持ち上げてキスしてくる。

「はっあっ・・・んっ・・・イっちゃう・・・イっちゃうよ・・・ねぇ・・・あっ・・・」

俺はスピードをあげた。

「イク~~っイックッ・・・!!」

女は俺に抱き付き、しがみつく様にしてイった。

「もうイっちゃったのか?淫乱だなぁ~」

俺はそう言いながらチンコを抜いて、女をうつ伏せにした。

「バックも好きなんだろ?」

チンコをあてがうと、女は腰を浮かせてきた。

もう完全にセックスを楽しんでいる。

俺はチンコを入れて、横っ腹から手を入れる。

そしてクリトリスを刺激しながら、ガンガン突きまくった。

「これっ・・・イイっ~~っ。

大好きなのぉ~~あぁ~~イイぃ~~」

腰が円を描く様に動いている。

完全にメス化してやがる。

リラックスしてきた俺は、女の耳元で言った。

「可愛い顔して淫乱だなぁ~、自分で腰ふってるのか?ここが気持ちイイのか?」

「そう!イイ~のっ!そこが・・・あっ・・・」

無我夢中でクリトリスを擦り、ガンガン突きまくる。

スグに女はオーガズムを迎えた。

俺はチンコを入れたまま、背中に舌を這わせる。

「今度は上になって腰を振ってごらん」

そう言って女を上に乗せた。

女はチンコを握り、自分であてがって入れた。

そしてジョリジョリと前後に動き、クリトリスを擦る。

酔っ払って力が入らないのか、俺に抱き付きながら腰を振る。

右手でケツを叩いた。

「あん!」

ん?こいつはマゾか?

もう一度叩く。

「ダメ~ン・・・」

完全にマゾだ。

俺はケツを引っ叩いたり、

強引に腰を掴んで動かしたりした。

ドンドン締め付けてくる。

そしてまた勝手にイってしまった。

しかも俺の舌を吸いながら。

こんな可愛い子とのセックス。

もういつできるか分からない。

久し振りのセックスで正直バテていたが、

俺はまた正常位入れた。

何度もイってるくせに、入れるとまた喘ぐ女。

オッパイを鷲掴みにして、ガンガン出し入れをした。

「どこに出して欲しい?」

「胸に・・・あっ・・・胸に・・・」

可愛い。

この時点で80%以上惚れちゃってました。

要望通り、俺は胸に大放出。

すげぇ~出た。

そして一度やってみたかった行為。

お掃除フェラ。

すぐさま俺はチンコを女の顔に持っていき、

「キレイに舐めて・・・」

すると女はおもむろに亀頭をパクリ。

口の中で舌で転がしながら、ギュっギュっと吸いつく。

可愛い・・・惚れた・・・。

しばし横になる二人。

気が付くと女はまた寝てやがる。

さっきまでじっくり観察できなかったから、

俺は女のアソコを見た。

足を広げて、思いっきりガン見。

陰毛は薄かった。

恥骨の辺りにしか薄らと毛がない。

クリトリスやマンコの割れ目周辺は無毛。

そのせいでハッキリオマンコの全貌が見れた。

こんな可愛い顔してやらしいマンコだ。

顔とマンコを交互に見る。

やらしい女だったな。

俺はもう一度湯船に浸かった。

そしてベッドに戻り、女の横に寝る。

とりあえず腕枕なんてしてみたり。

女も俺に抱き付いてくるので、幸せ感いっぱいで眠りについた。

ゴソゴソと動く気配で目が覚める。

横を見ると、女が毛布で体を隠しながら俺を見ていた。

「おはよ・・・」

女は動揺していた。

「あの・・・ここどこですか?」

「新宿のホテルだよ。

何も覚えてないの?」

「はい・・・確か漫喫に行ったんだけど・・・」

俺はかなり脚色しながら説明した。

酔い潰れていて、助けたのが俺。

そして誘ったのはそっちで、セックス中も凄かったと。

何度もイって、腰をフリまくっていたと。

いろいろ説明していると、

セックス中の記憶が蘇ってきたようだった。

ホテルから出ると、逃げるように去って行った彼女。

俺は満足だった。

どうせ俺のものになんてなるような女じゃないし。

あんなイイ女を抱けたし、何度もイかせたし。

お掃除フェラもさせたし、しばらくはこれで抜ける。

ナンパなんて一度もした事無いしできなかった。

けど今なら簡単にできそうな気がする。

あんな可愛い女とやったら、気が大きくなるのかも。

もう一発ヤリたかったな・・・。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!