何度も犯され 何度逝ってしまったのかわかりません… [セックス体験]

27歳のOLです。

もうだいぶ前(去年の初夏)のことですが、

あの日以来、私のセックスに対する考え方が

すっかり変わってしまった出来事があったので、

告白してみたくなり投稿しました。

まず、その日の朝の通勤の時から始まります。

その日は少し汗ばむくらいの陽気で、

とても気持ち良かったのでミニスカートに

紺のハイソックスという少し若すぎるような格好で出掛けました。

パンストは履かずに生足です。

満員電車なので、

それまでも何回かは痴カンに遭ったことはありましたが、

スカートの上か、

せいぜいパンスト越しに触られる程度でした。

その日もしばらくすると男の手がお尻を触ってきて、

徐々にスカートの中に忍び込んできました。

その時私は、

「今日は生足だ」ということに気が付き、

このままでは直接パンティーの上から、

もしかするとパンティーの中にも入れられてしまうかもと思いました。

その途端、私自身何故なのかわからないのですが、

徐々に濡れてくるのが判りました。

案の定、生足であることから、痴カンさんも大胆になり、

パンティー越しにあそこを大胆に責めてきて、

脇から直接指を入れてきました。

この痴カンさんはものすごいテクニシャンで、

どんどんあそこが濡れてきて、

思わず声が出そうになるのを必死でこらえていました。

何故か逃げることもせず、

むしろもっと責めてほしくなって少し足を開いてしまいました。

そうして10分位でしょうか、

もう逝きそうになるのを必死で我慢したが、

どうしてもこらえられなくなって、

目で痴カンさんに合図して次の駅で降りてしまいました。

そして携帯で会社に電話し、

通勤途中で体調が悪くなったので今日はお休みすることを伝え、

そのまま彼とホテルへ行きました。

これまで私は4人程の男性とお付き合いしたことがあり、

それなりにセックスに興味もあり快感も知っていましたし、

オナニーも時々はしていましたが、

いずれもノーマルなものばかりで、

ましてや恋人でもない人とのセックスなんて考えたこともありませんでした。

何故、この日に限りこんな行動をとったのかは今でも判りません。

たぶん痴カンさんのテクがすごかったのでしょう。

ホテルでは昼過ぎまで彼に責められつづけ、

何回逝ったかわかりません。

まずは痴カンらしく(?)立って服を着たままキスをし、

胸を揉まれ、下半身の大事な所を指と舌で攻められ続けました。

その後はベッドで服を脱がされましたが、

下着とハイソックスは履いたままで、

彼のペニスを挿入されてしまいました。

これまで付き合ったどの人よりも立派なペニスで、

大きさも勿論ですが、形がすごいというか・・・。

正常位で足首を持って脚を大きく広げられると、

パンティーの脇から激しく挿入されている彼のペニスが見え、

また、ハイソックスを履いたままなので、

その光景がいかにも犯されている、

責められているといった感じで。

今までに経験したことがない快感が襲い、

自分でも信じられないくらい大きな声を出してしまいました。

そうして何度も犯された後、午後の早い時間に家に帰りました。

帰りの電車の中でもついさっきのセックスを思い出し、

あそこが熱くなってくるのでした。

家に帰ってシャワーを浴びたのですが、

それでも体の疼きが止まらず、

オナニーをしました。

でもまだ満足できなくて、

先日街頭で配られていたテレクラのティシュを探し、

電話をしてしまいました。

テレクラに掛けたのは初めてです。

電話に出た男性は、友達と3人で来ているという事で、

早速待ち合わせをしました。

会った時にあらかじめどんなプレイがしたいかと聞かれたので、

「とにかくいやらしく、激しく犯して欲しい」

とお願いしました。

男性3人とホテルへ直行し、

部屋へ入るなり羽交い絞めにされて胸を鷲掴みにされ、

あそこも指や舌で責められました。

後ろ手に縛られ、2人に左右の乳首を吸われ、

もう一人は足首を掴んで脚を大きく開かれ、クンニされました。

それから代わる代わる犯されました。

ちなみに、痴カンのところで書いたように、

パンティーを穿いたままの挿入が好きなので、

今度もショーツを穿いたまま脇から挿入され、

ハイヒールも履いたままでした。

一通り犯された後、

「もっと刺激的なことをしよう」と言われ、

バスルームに連れて行かれました。

一人がマットに仰向けに寝て、

騎乗位で深々と挿入された後、

もう一人が私の体を前に倒すと、

ローションでお尻をマッサージしてきました。

そして、いきなり私のアヌスに彼の固いペニスを押し込んできたのです。

激痛が走り、思わず悲鳴をあげて逃げようとしましたが、

屈強な男たちにがっちりと腰や肩を抑えられ、

おまんこには大きなペニスを根元まで差し込まれていて、

逃れることは出来ませんでした。

挿入の時は痛かったのに、

一度奥まで入れられてペニスが動き出すと、

これまで経験したことがない快感が襲い、

恥ずかしげもなく大きな声で喘いでしまいました。

そして口にはもう一人のオチンチンが・・・。

同時に3つの穴を攻められ、

胸を激しく揉まれて、

もうほとんど失神状態でした。

それから彼らと別れるまで、何度も犯され、

何度逝ってしまったのかわかりません。

なぜあの日に限りあんなに淫乱になったのか、

なぜあんなことをしてしまったのか自分でもわかりません。

あの日以来、私は変わってしまいました。

その後も時々彼らと会って同じように犯してもらっています。

また、オナニーで満足できない時は、

わざとブラウスの胸元を少し開け、

ミニスカートで街に出て、

声を掛けてきた男性とその場限りのセックスをしています。

もう、「普通の恋人に抱かれる」ようなセックスでは

満足できなくなってしまいました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする