ほんの数回で潮を吹き私のチンポを咥えたままイってしまいました[エッチ体験談]

先日夜勤明けにネットカフェに行ったときの事。

私はいつも、禁煙のシングルシートを頼み、

後部からの視線が気になるため、

後ろが本棚になっている席を選び、

出来るだけお客の視線が気にならないシートを選ぶのだが、

今回は先客がおり、その席の対面をお願いした。

席に着き、PCの電源をいれ、飲み物を取りに行こうと思い、

何気なく自分が入ろうとした席を見ると、

ハンガーに女物のコートがかかっているのが見えた。

夜勤明けでもあり、少しスケベ心を抱いた私は、

妙にその女が気になり、飲み物を段取りした後、

思い切ってその席の後部から覗く計画を立てた。

女の座っている席は、一番かどの席でシングルシートでもあるため、

ちょうど下部が丸見えになっている引き戸である、

その後部には本棚が設置され、

漫画の単行本がたくさん陳列されており足元までマンガ本があり、

それを選ぶふりをしながら席を覗き込めば中の様子がわかるのだ。

私はいったん席の後ろを通り、

中の様子と画面に映し出されている映像を確認した。

私は長身のため、席の上からでも安易に覗くことが出来、

いつもならお客さんに悪いと思い、目線をわざとはずすが、

今日に関しては、異常な興奮を覚え中を覗いてしまった。

画面に映し出されていたもの、それはアニメのアダルト画像でした。

それをしっかり見つめる女の頭部も見えまして、

益々興奮度は高まりました。

私は漫画コーナーをう回し、

もう一度その席の後ろにつきました。

今度は通りすぎずに、本を選ぶふりをしてしゃがみ、

怪しまれないよう一つ本棚をはさんだ形で

女の足元を覗きました。

漫画を一冊とり開いた状態にし、中の様子を伺うと、

女はブーツを脱ぎ、

ブラウンのパンストを履いた足を大きく開いているのが見えました。

両方の足は見えませんでしたが、

明らかにブーツを席の真ん中に並べておき、

席の横に足が伸びているのが確認できます。

もしかしてオナニーしてるのでは?

そう思った私は、視線を上のほうにむけ様子を伺いました。

もちろん周囲の様子も気にしながらです。

朝の5時前ですので客はほとんど姿はなかったのですが、

店員だけが気になり注意をし、覗きを続けました。

下からなので見える範囲は限られ

丁度ソファーのひじ置きの辺りまで見るのが限界でした。

女は両方の肘掛にショールのようなものをかけて座っています。

そのショールが小刻みに動いています。

やはり股間をいじくっている

そう確信した私は、立ち上がり女の席を、上から覗きました。

今度は先ほどと違い、頭部は見えず、

後ろにのけぞる感じで座っていました。

しかし画面のほうは、エロ投稿文になっており、

それを読んでのオナニーの様です。

私は自分の席に帰り、アダルト動画を開き

ボリュームを一番大きくし、

女の席に聞こえやすい場所にヘッドホンをセットし、

わざと隠語や、あえぎ声がきこえる様しむけました。

結構声が漏れてくるのも、私自身も経験してますので、

女には必ずといっていいほど声は届いていると思います。

その状態にし、私はまた女の席を覗きに行きました。

今度は真後ろの本棚を物色するふりをし引き戸の下の横側から覗き、

股間の指の動き、顔を確認できる位置に体制を整えました。

ただ後ろ向きになるため、振り返るのが手間なのですが、

辺りを伺いながら実行しました。

ここにいてもあえぎ声が聞こえます。

間違いなしに女も聞こえているでしょう。

中を覗くと女は股を大きく広げ、

肘掛に両足をのした状態になっており、


ショールで隠された股間には女の手が伸びています。

これは本当にオナニーの最中だ

そう確信した私は、

今目の前で行われている行為をじっくり見ていました。

確かにショールをかけて隠せば、

上からの視線は隠せますが、

私は今斜め下から見ていますので、

肘掛の隙間からまともに指の動きが確認できます。

ただ蜜部に関しては見えません、

しかし陰毛は見えています、

その中心部にあるクリトリスを下から、

ハネあげるように指でなぞっている光景はすごい興奮させます。

この状態では我慢できなくなり、

女の席の隣に移動して、

相互オナニーをしようと思い受付に走りました。

元の席に戻りアダルト動画を消し、

PCの電源を落とし受付に向かいました。

女の隣の席を指名し、すばやく部屋に入り、

アダルト動画のセットをしました。

前の席と同じく女の席に声が漏れるようセットし、

また本を選ぶふりをして女の席を覗き込みました。

まだ最中のようです。

少し体制が変わっていますが、

股間をまさぐっている指は、はっきりと確認できます、

今度は円を描くようになぞっています。

もう少し顔を突っ込むと、

女の表情が見れそうなので一度立ち上がり上から覗きましたが、

逆に気づかれそうなので、周囲を確認し、

下から覗き込むと、眼鏡をかけ、

髪の毛を少し茶色く染めたスーツ姿の女が確認できました。

横顔が見え少し口を開いて、

声にならない吐息を漏らしていました。

そしてもう片方の手は、

白のシャツの中にもぐりこませ、

乳首をいじくっているようです。

シャツのボタンを外して開いた胸元には、紫のブラが見え、

その膨らみは軽くGはあるでしょう。

股間の方は、スーツのスカートをたくし上げ、

ブラウンのパンストはガーター使用になっており、

違和感なしに紫のパンティの中で指を動かしています。

もうたまらなくなり、部屋に戻り、

即座にチンポを出し、オナニーを開始しました。

耳を澄ますとかすかに女のあえぎ声が聞き取れ、

私の席と、女の席の間には異様な香りが、漂っています。

私はいったん席に腰を下ろし、この先の展開を考えました。

まず自分のチンポを濡れティッシュできれいに拭き、匂いを消し、

メモ帳にメッセージを書き女の席に投げ入れることにしました。

結果はどうであれ、今の興奮状態のまま射精はもったいなく思い、

女に同意を求め進展させようと決めました。

メッセージの内容は、

隣の席の者です。

先ほど偶然あなたの席の様子を見てしまい、

あなたと同じ行為にふけっています。

しかしながら我慢の限界が来て、

このような形で知らせました。

お互いのモヤモヤを解消する行為を楽しみませんか?

OKならば壁を3回ノックしてください。

このように書き上から投げ込みました。

しばらくするとノックが帰ってき、

私はチンポを出したまま隣に入り、

女にフェラを強要しました。

女もその行為に応じ、美味しそうにしゃぶりつき、

一気に興奮度を高めた様子でした。

私は当たりを気にしながら、

女の股間に指を突きたて、

思いっきりピストンを開始すると、

ほんの数回で潮を吹き、

私のチンポを咥えたままイってしまいました。

私もそのしぐさに興奮し女の口に射精しました。

お互いに痙攣した股間を癒すように後始末をし、、

この後は近くのホテルで続きをしようと約束し、

店を出ることにしました。

正面から見ると目が大きくかわいい顔の女で、

これを機に、真剣に付き合うことなどを考え、ホテルに向かいました。

続きはまた報告します。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!