大量のチンボの汁を浴びせてやりました[エッチな話まとめ]

夏休みは浮かれた気分になって、

たいした理由も無く家出したり、

物欲しそうな顔付きでフラフラと

繁華街をうろつくバカ女が増える季節です。

この前もそういうバカ女を食ってやろうと、

暑さに耐えながらストリートナンパを敢行。

そんで一人でウロチョロしてる美形ギャルをゲット!

女が「涼しいとこ行こうよ」とか言うんで、

直ぐにホテルへ連れ込んでオマンコしてやりました。

部屋に入ると立ったままディープキスをして、

お互いの唇をブチュブチュとむさぼり合って、

舌をベロベロと絡ませ合いました。

キスが大好きな僕は、あっという間にチンボビンビンになってしまいました。

そんでニヤニヤ笑いながら「チンボ見せてやるよ、チンボ」とか言って、

靴下だけ履いたままパンツを脱いでチンボ丸出しになって、

女に黒ずんだチン長22センチの

スーパーデカマラナイスチンボを見せ付けてやりました。

女は「えっ?」とか言って目を丸くしていました。

「どうよ、オレのチンボは?こんなデカマラ初めて見たろ?」

と言うと、女は

「うん…オジサンてスッゴイ…」

とか言って目をトロ~ンとさせていました。

そんで女の服を脱がすと、

僕の目の前でものすごい巨乳がプルルン!

っと弾けるように揺れました。

驚いてバストサイズを聞くと、

なんと90センチオーバー!

乳輪もいやらしい焦げ茶色で、

直径5、6センチ位のデカさで、見ているだけで

鼻血が垂れそうなエロさでした。

こんな女が声をかけりゃ簡単に釣れる。

これだから真夏のナンパはやめられねえ~。

そんでシャワーを浴びてサッパリしてから

ベッドに戻ってオマンコ開始!

女をベッドに押し倒して、

たわわに熟れたデカパイにむさぼりついて、

二つの乳首を代わる代わるブッチョブッチョと吸いまくってやりました。

巨乳美形ギャルはアヘアヘ悶えまくり!

それから唾液をたっぷり出しながら、

舌を下半身に這わせていき、

両脚を広げてドドメ色の腐れマンコを舐めまくってやりました。

女のマンコからマン汁が止めどなく溢れ出して、

あっという間にヌルヌルになってしまいました。

僕は女のマンコに指を一本、二本と挿し込んで、

グッチュグッチュとほじくってやりました。

そんで女を「イグゥゥゥーッ!イグゥゥゥーッ!」

と泣き叫ばせて、大量の潮をドバーッ!

と噴き出させて一回いかせてやりました。

それからマンコから指を抜いて、

女に指を咥えさせて自分の薄汚いマン汁を

しこたま味合わせてやりました。

女は「アハアア…」と呻きながら、

僕の指をベロベロしゃぶりまくっていました。

更にその指を女の鼻の穴に一本ずつ突っ込んで、

「フガガッ!」と呻かせてやりました。

そのまま鼻の穴を指でホジホジしながら、

マンコに左手の指を二本突っ込んでマッハ激ピス!

僕はバットマンの宿敵ジョーカーのように口元を吊り上げて、

悪魔的な笑い顔を浮かべながら、

巨乳ギャルのマンコと鼻の穴を犯し続けました。

女は「ンガッ!フガッ!イッ…イグッ!イグイグ!マンゴイッヂャウゥゥゥ~ッ!ヴェェェェ~ッ!」

などとキチガイみたいにわめきまくって、

また潮をドバドバ噴き出していってしまいました。

そんで正常位でビンビンのチンボをマンコにズボッ!

女の両膝の裏をつかんで、

オムツ替えのポーズにしてスーパーデカマラマッハピストン!

女はデカパイをダップルダップルと豪快に揺らして、

「オオーッ!き…気持ちイイーッ!」

などと喘ぎまくっていました。

口元からはよだれを垂らし、

両方の鼻の穴から鼻水まで垂らしてよがり狂う様は、

正にメスブタとしか言い様が有りませんでした。

乙葉似の美形ギャルのキチガイじみた悶えっぷりを見ていると、

僕も頭がおかしくなってきて、

思わず白目をむいて三白眼になって、

「すげえ~、このメスブタすげえ~」

とか言いながら、

狂ったように腰を振りまくっていました。

終いには女は白目をむいて舌を出して、

完全に気が狂ったような顔になって、

「グッフゥゥゥ~ッ!イグゥゥゥ~ッ!イングゥゥゥ~ッ!」

などとものすごい声で呻いて、

地獄へ堕ちてしまいました。

僕はピストンしながら女の浅ましいイキ顔を冷やかに眺めて、

「よっしゃ、鼻の穴に顔射したろ、このメスブタ」と決意しました。

そんで汁を漏らしそうになるとマンコからチンボを抜いて、

女の目の前でドスコイポーズでチンボしごき!

乙葉似の顔面に「ヂョバァァァーッ!ビッシュゥゥゥーッ!」

って感じで、大量のチンボの汁を浴びせてやりました。

そんで女の鼻の穴に「ズボズボズボーッ!」

とチンボの汁を飛び込ませてやりました。

精子を全て出し尽くしてから仁王立ちになって女を見下ろすと、

女は顔中を「男の精」で白く汚されて、

大の字になってマンコをおっ広げて悶絶していました。

鼻の穴が精子で詰まって息ができなくなっていたんで、

口を大きく開けて「ブハアーッ!ハハアーッ!」

などと荒々しく呼吸していました。

僕はニヤニヤ笑いながら、

鼻の穴から薄汚い粘液をダラダラ垂らした女のマヌケヅラと、

だらしなくパックリ開いたスケベマンコを、

デジカメで何枚も撮影してやりました。

そんで女のハナタレヅラを覗き込んで、

「どうだった?使い込んだオレの肉棒の味は?ふふふ」

と聞いてやりました。

女は喘ぎながら「サイコォ~…サイコーのチンボォ~…」

と答えました。

僕はその言葉を聞いて

「やっぱりねえ~、最高のチンボだもんな、オレのチンボ!日本一のスーパーデカマラナイスチンボだもんな、オレのチンボ!」

とか言って、ニンマリとほくそえんでやりました。

それから「ウラッ!」とか言って、

女の顔面に汗でグッショリ湿ったケツをブチャッ!と押し付けて、

ウンコ座りの体勢でチンボとキンタマとケツの穴をねぶらせてやりました。

この体勢だとケツの穴が広がってるんで、

直ぐに屁が出そうになって、

女の顔面に鬼のように臭い屁をぶっ放してしまいました。

女は「ウワッ!くっせ!超くっせぇ!」

とか言って顔をしかめてたけど、

鼻をフンフン鳴らして屁の匂いを嗅ぎ続けていました。

そんでチンボがフルボッキすると、

女はベッドの上で四つんばいになってケツをプリッと突き出して、

マンコとケツの穴を見せ付けて、

顔を僕の方に向けて

「ねえ~ん、早くハメてぇ~、チンボぶち込んでぇ~」

とせがんできました。

僕はその浅ましい姿を見て、

「この女、完全に堕ちたな」と思いました。

そんでチンボをマンコにグニュッと押し当てて

亀頭をめり込ませると、

女は上ずった声で

「根元まで入れて!早くぶち込んで!」と言いました。

僕は腰を前に突き出して、

女の腐れマンコにお待ちかねの

スーパーデカマラナイスチンボをぶち込んでやりました。

そんで高速ピストンでマンコをズボッてやると、

女は「ウオオーッ!ウオオーッ!チンボチンボチンボチンボ!チンボチンボチンボォォォーッ!」

とケダモノみたいに咆えまくって、

ものすごい悶えっぷりでした。

「オラッ!オラッ!つっとイッたらんかい!つっと!」

と罵りながら、僕は腰を前後左右にメチャクチャに振り回して、

女のマンコの中をズボズボにほじくり回して、

何べんもいかせてやりました。

そんでフィニッシュはスーパーデカマラ顔面シャワー!

女の鼻の穴を両方ともチンボの汁で

完全にふさいで悶絶させてやりました。

女は薄目をあけて完全に白目になって、

両方の鼻の穴から白い粘液をダラ~ンと垂らして、

何とも言えないエロいツラ構えになっていました。

僕は「すんげえ~、すんげえ~、エロい~、エロすぎるう~」

などと呟きながら、

スマホのカメラで撮りまくって、

美人の最高に無様なハナタレ顔を激写してやりました。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!