指で同時にクリトリスを愛撫してくれました [セックス体験談]

幼少期からピアノを初めましたが、、

ピアノよりも声楽に高校生の時に惹かれ、

音楽系の大学を受験し、声楽を選びました。

声域はソプラノです。

芸術系の大学は浪人して入る人も多く、

親友の女の子は一つ年上です。

その親友の理沙と後期試験も終わった日、

居酒屋に行った時のことです。

週末の金曜日でもあったので、

お店は込み合っていましたが、

二人でどんどん料理を注文し、

大いに盛り上がっていました。
私はあまり飲めない方ですが、

理沙はけっこういける口。

そんな時、となりのボックス席、

といっても木の作りの4人がけの席ですが、

そこに2人連れの大学生風の男子が新しい客としてやってきました。

1人の人を見た時、すぐに私の好みのタイプだと思ってしまいました。

スラっとした体型で、カッコウ良くて、

日焼けしているけど知的なタイプ。

もう一人の人は、先輩のようで、

彼は敬語で話していました。

先輩の方は身長はもっと高く、こちらもイケメン。

理沙は、そっちの方がタイプのようで

意識しはじめたのが何となくわかりました。

お互い目を見合わせて、(かっこいいね)と言い合っていました。

その人たちが来てから30分ぐらいたってからでしょうか、

向こうもこちらを狙いはじめたのか、

狭い通路を挟んで、先輩男子の方が声をかけてきました。

声のかけ方もスマートで好感が持てました。

彼らは誰でも知ってる有名大学の学生で、

私はラッキーだと思ってしまいました。

彼の方は私たちと同じ2年生で

先輩の方は卒業間近の4年生でした。

そしてお店を一緒に出て、

別の店に行こうということになりました。

今度はもうちょっと気のきいたカフェ風の西洋居酒屋で、

丸いテーブルを挟んで4人で座りました。

私の好みの彼は「どうぞ」とイスを引いてくれ、

私を座らせてから、自分は私の右側に座り、

先輩男子、理沙と交互に座る体勢になりました。

この時、自然と2組のカップルになってたような気がします。

彼らの話しはとてもおもしろく、

楽しくて、私たちはずっと微笑んでいました。

彼によく聞くと、住んでるところが

私たちの大学からすぐ近くのところでした。

部屋の窓を開けていると、

楽器の演奏の音がかすかに聞こえる時もあると言っていました。

そして時間もあっという間にすぎいきました。

彼は、

「つまらない時は長く感じ、

楽しい時間はすぐに過ぎ去ってしまうと感じるそれが相対性理論だ。

今夜は楽しかったよ」と言い、

先輩が『また、こいつのきどったウンチクが始まった』と混ぜっ返すと、

4人でどっと笑いました。

普通なら寒いセリフもこの二人の男性にかかれば

素敵な空間でした。

それからお店を出た時は山の手線も私鉄も地下鉄も終電は終わった時間でした。

先輩男子は「大丈夫、タクシーで家まで送るから」と理沙と一緒に歩きだし、

私と彼もタクシーをつかまえました。

彼は自分の部屋のある住所を運転手さんに告げました。

タクシーに乗り込む前に「よかったら僕のところに来ない」と言った時、

私は頷いてしまっていました。

タクシーを降りた場所は、私にも馴染みのある通りで、

途中コンビニに寄り、ちょっとした買い物をして、

5分ほど歩いて彼のアパートに着きました。

6畳程度のフローリング一間にキッチンとお風呂が付いた鉄筋3階建てで、

建物自体は古いそうです。

部屋の中心にコタツが置かれ、

ベッドを背もたれにして座る形は私の自宅の部屋と同じだと思いました。

二人でコタツに入り、テレビのCS放送をつけたまま、

しゃべり続けました。

午前2時になっても緊張しているせいか、

まったく眠くはなりませんでした。

『眠くなった?』と彼が聞いてきても

『ううん、全然。このままこうして朝まで起きてるから。』と言いました。

初めて会ったばかりの人のところに付いて来たことで、

軽く思われないよう私は必死でした。

もちろん、私としてもこんなことは初めての経験です。

実は3ヶ月前に1年以上付き合っていた元彼と別れてから、

寂しかったということもあるんです。

その彼とは当然、セックスしていましたから、

セックスの何たるかぐらいは私も知っています。

と言っても男性経験はその人だけで、経験は浅い方だとも言えます。

そんなことを考えていると、

「僕はコタツで寝るからキミはベッドで寝て」:と彼は言いました。

「でも。」

「コタツに座ったままじゃ疲れるし、風邪ひいてもアレだから」

彼はやさしく私の手を取り、

フトンをぬくって寝かせてくれました。

「電気を消すよ」と彼は言い、

豆電球の灯りだけになりました。

ベッドは彼の良い匂いがして、

私はベッドの中でスカートと黒ストッキングのまま横になっていました。

私は布団についた彼の匂いで興奮して寝付けず、

「ねぇ、体痛いんじゃない?」と言いました。

クッションをマクラがわりにしても、

床にコタツの下に敷く敷物がある程度ですから、

寝られないと思ったんです。

「じゃ、そっちに」と彼は私の横にすべりこんできました。

彼もジーンズのままでした。

と、すぐに彼は腕マクラをするように私の首下に腕を回し、

私を抱き寄せ、そのままキスをしてきました。

ここまでの早業は見事と言えるほどでした。

私はそうしてくれるのを待っていたんです。

彼の舌が私の舌に絡みつき、

私も彼の背中に腕を回して抱きしめていました。

彼はキスをしながら私のセーターの中に手を入れ、

素早くブラのホックをはずし、

私のツンと上向いた小ぶりなバストを揉みはじめました。

アンダーバストからゆっくり揉みながら指先で乳首をつまみ、

乳輪を撫でてくると彼が口を離すたび、私は声が出てしまいました。

そしてセーターを脱がせて、

上半身は裸になっていました。

暗がりとは言え、毎日、

ちゃんとムダ毛の手入れをしておいてよかったと、つくづく思いました。

彼はキスを続け、パンストの上から、

太ももを円を描くような感じでゆっくりゆっくりと愛撫し、

それからすでにめくれ上がっていたスカートの中に手を這わせてきて、

クレバスに沿うように縦に指を這わせたりしました。

パンストの上からでもすごく感じて、たぶん、

もうアソコはしとどに濡れていました。

『はぁっ~』と私はあえぎ声を上げていました。

彼は私のバンストを伝線させないよう、脱がせ、

しばらくはパンティの上から愛撫してきました。

そしてパンティも取り、

私のアソコに舌を這わせてきました。

お風呂は前夜に入ったきりで、それから何度もトイレに行っていますし、

けっして清潔ではなかったと思いますが、この部屋のトイレを借りた時、

携帯用のウェットティッシュでこっそりアソコをきれいにしたので、

シャワーできれいにするのに比べれば劣るかもしれませんが、

陰唇回りから肛門にかけて丁寧に拭いておいたんです。

クンニリングスがこんなに気持ちいいなんて知りませんでした。

元彼はおとなしい地味な人でセックスも地味だったからです。

そして彼が『咥えてみる?』と言った時、

私は、『したことないから・・・』と言いながらも

思い切って彼のモノを咥えてみました。

それは元彼のモノより大きくて、立派でした。

私は口いっぱいになるそれを一生懸命咥え、

舌で舐めてみました。

それが彼にとっていいのかよくないのかまでは

さっぱりわかりませんでした。

しばらくして、彼は私を仰向けに寝かせ、上に乗り、

私の中に入ってきました。

(あとで聞いたのですが、その時のコンドームは、

帰りに寄ったコンビニで他のモノと一緒に密かに買ったそうでした)

私は十分すぎるほど濡れていたので、

挿入はすんなりといきました。

ちょっと痛みがありましたが、

彼が動いているうち、少しよくなってきました。

『いい?』

『少し痛かったけど、大丈夫』

すると彼は動きをゆっくりにして、

指で同時にクリトリスを愛撫してくれました。

私はオナニーの習慣があり、

バストとクリトリスへの刺激でいく方なんです。

オナニーに関しては、もう6、7年ぐらいは続けていると思います。

なので、この彼の愛撫は正解でした。

彼のモノは入ったままですが、

彼はクリトリス周辺を痛くしないようソフトに愛撫してくれ、

私はだんだん気持ちよくなってきました。

「気持ちいぃ~」と言ってしまったほどです。

ただ、さすがに状況も状況ですから、

この時は絶頂感までいくのは無理でした。

この時はお互い全裸でしたが、

寒い日にもかかわらず、暑く感じたものです。

それから20分ほどで彼は『いくよ』と言って、

射精し、行為を終えました。

彼は腕マクラをしたままで私を抱き寄せる格好で

お互い深い眠りにつきました。

起きたら何だか照れくさくて彼の顔を見れないでいると、

優しく頬にキスしてくれました。

今では彼と付き合って私の素敵な彼氏になりました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!