必死に喘ぎ声を抑えていたが徐々に・・ [セックス体験]

営業に使う社用車のガソリンを入れるスタンドで前から気になってた子がいた。
年齢は21、ルックスは山田優を少しヤンキー系にした感じw
身長は150ちょっとと小柄だがDカップ&ヒップは90cmくらいありそうで
スタンドのユニがはちきれそうな感じでエロい身体は間違いなかった。
会社指定のスタンドで移動距離も長いんで2,3日おきにいつもそこを利用してた。
最初は挨拶くらいだったが半年後には軽い会話が出来るような感じになった。
(と言っても30秒くらいの世間話くらいだが)
先日、休み明けに給油に立ち寄り、トイレから出ると里佳ちゃん(その子)が
「久し振りでしたね、風邪でも引きましたか?」と声を掛けてきた。
俺「貯まってる代休と有給休暇合わせて家族でハワイに行って来たよ。」
里佳「いいなぁ~、いいなぁ~ あたしなんか旅行大好きですけど、
   最近どこにも行けないですよ。」
俺「彼氏に連れてって貰えばいいのに。」
里佳「だって今彼氏いませんから~ 誰かいないですかね~」
俺(へぇ~ 彼氏いないんだ)

  「じゃあ今度、俺がドライブでも連れ行こうか?」
里佳「本当ですか~?」「いつですか~?」
俺(あれ、本気にしてる。 もしかしてチャンス?)
  「来週は土曜なら1日空けられるけど、どう?」
里佳「土曜ですか、シフト入ってますけど変えられると思います。」

ここで他のお客さんの車が入って来た。

里佳「後で連絡するので俺さんの携帯番号教えて下さい。」
俺は近くにあった広告の裏に素早く書き込み手渡した。

仕事がひと段落し、帰宅の準備をしていると携帯が鳴った。
(知らない番号だ、もしかして里佳?)
里佳「こんばんは、里佳ですけど今お電話して大丈夫ですか?」
俺 「あっ里佳ちゃん、いいよ大丈夫」
里佳「土曜日休みになりましたけど本当にドライブに連れてってくれるんですか?」
俺 「もちろん、どこに行きたい? どこでもいいよ」

里佳「本当ですか~ 何処でもいいんですけど、景色が良い所なら嬉しいです。」
  「でも俺さんに任せますよ。」
俺 「じゃあ当日までに考えとくよ。」
里佳「すっごく楽しみにしてますね~。」

待ち合わせ場所を決め、電話を切った。

ふと考えてみた。
(ドライブに行く→車内に二人→しかも行き先は俺に任せるという→ということは、OK?)
(少し天然入った子ではあるが年齢差(俺は32歳)もあるし、信頼されてるのかな?)
結論は「まあいいや、成り行きに任せよう」でしたw

当日車で時間丁度に待ち合わせ場所に行くと里佳が待っていた。
初めて見る里佳のスタンドユニ以外の私服姿。
コートを脱ぎ、助手席に座るとブラウスのボタンがはちきれそうなのと
膝丈のスカートから覘く黒いタイツ(寒がりなのでストッキングではなかったw)が
目に入り、エロ視線を気付かれないように気を遣った。

里佳「何処に行くか決まりましたか~?」
俺 「○○湖に行こうと思うんだけど行ったことある?お気に入りの場所なんだけど」
里佳「ないです~、楽しみです~」
高速に乗り、隣県の○○湖に向かった。
車内では機関銃の如くお喋り好きな里佳と会話が続いた。

両親が離婚し母子家庭なので医療事務の専門学校に通う学費を稼ぐために
地域では時給の良いスタンドでバイトしていること。
付き合った男は3人だが男運が悪いのか長続きしなかったこと。
俺に対しては何故か話しが合いそうで頼もしそうな印象だったこと。
などなど

高速を降りて山道を走り○○湖へ到着。
湖畔にあるリゾートホテルのレストランで昼食を摂り、散策やロープウェイで
山頂に登ったりして楽しみました。

帰り際、来た道とは違うルート(旧道)に車を走らせました。
道幅は狭くて通行量が少ない道の途中に麓の町を見渡せる駐車場があり、
そこに車を停めました。
自販機で買ったコーヒーを飲みながらまた他愛も無い話をしていると
何時の間にか夕暮れが訪れました。

フロントガラス越しに灯りが付き始めた麓の町見ながら
里佳「綺麗ですね~ こんな夜景見たのは初めてです。」
俺 「これを里佳ちゃんに見せたくて連れてきたんだよ。」
里佳「ありがとうございます。 嬉しい。」
うっとりした表情で夜景を見つめる里佳を見ると抑えられなくなりました。

俺 「里佳ちゃん!」 肩を抱いて顔をこちらに向けさせ、唇を奪う。
里佳「ん、んっ~ 」 驚いた表情の里佳。
唇を貪り、舌を入れようとすると一瞬拒絶したがすぐに受け入れてくれた。

俺の胸に里佳の乳房の感触が・・・
堪らず右手を肩から外し、ブラウスの上から左の乳を揉み込んでみた。
俺 (で、でけぇ~ しかも弾力が凄げぇ~)
今度は両手で包み込むように揉み揉みw
すると里佳は唇を離した。

里佳「ダメ、やめてください!」 両手で俺の胸を押して離れた。
二人とも視線を合わさず前を向いたまま、しばらく沈黙が続いた。

里佳「・・・奥さんがいるのに俺さんもこういうことするんですね。」
俺 (そ、そりゃこれが楽しみで生きてるようなもんだから)

  「ゴメン、怒った? でも前から里佳ちゃんのことが好きだったんだ。」
里佳「えっ、本当ですか?・・・」
   「でも奥さんもお子さんもいるのに・・・ダメですよ。」

またしばらく沈黙が続いた。
嫌われる可能性を考えて、これ以上は止めようと思ったが意に反して
愚息は暴走状態で制御不能ですw

他の車が無いことを確認してから里佳を再び抱き寄せ唇を奪う。
俺 「里佳ちゃん、好きなんだ!」

手探りで助手席のシートを倒し左手で乳房を揉み、右手を
膝から摺りあがったスカートの中に入れた。
タイツ越しだが太腿を撫で、指を秘部に進めようとするが里佳は
太腿をピタリと付けて抵抗する。
乳房を強めに揉み、指一本をなんとか滑りこませてスリスリする。

里佳「俺さん・・・ダメですようっ」
一旦スカートから手を抜き、ブラウスのボタンを半分くらい
手早く外してカップを下にずらして乳首を吸う。
手のひらからこぼれそうな乳房を揉みながら
舌先で乳首をコネクリ廻すと里佳は両手で顔を隠して
無言になった。

さすがに他の車が入って来る可能性がある駐車場で最後まで行くつもりはなかったので
車を移動させることにした。
身体を離すと里佳は無言のまま俺に背を向けながらブラとブラウスを整えていた。
山道を下り高速のインターへ向かう。
(お互い気まずいのでしばらく無言のまま・・・)

俺 「今日は何時くらいまで大丈夫?」
里佳「母が心配するからあまり遅くまでは・・・」
俺 (これは急がねば)
  「解った。 今日は早めに帰ろうね。」 (ウソウソ)

インター近くのホテルに車を入れる。
里佳は一瞬驚いた表情をしたが無言のまま。
エンジンを止めたが言葉が見つからず、また沈黙が・・・
意を決して車を降りる。 (里佳は座ったまま)

助手席のドアを開け、里佳の手を引っ張り車から降ろす。
(強引にではなく、紳士的にw)
小走りに中に入り空室の鍵を受け取りエレベーターに乗り込む。
うつむいた里佳の表情は困惑してるような感じでした。
(それがまたカワイイんで更にヒートアップしましたw)

部屋のドアを開け、里佳の手を引き室内へ。
ドアを閉めると同時に抱きしめてキス。
抱きながらスカートの上からプリプリした感触の尻を弄る。
(巨尻好きな俺には堪らない)

そのままベッドに倒れこんだ。

強引にタイツとパンツを剥ぎ取ると足を拡げて顔を埋めた。
里佳「お願い、シャワーに行かせて下さい。」
俺 「時間ないからいいよ」
里佳「でも汚いし、恥ずかしいから・・・ あぁっ!」
まだ、あまり濡れてないようなのでクンニを続けた。

俺 (そろそろいいかな)
挿れる前にフェラさせようと思ったが我慢できず、
里佳の両足を抱えて突き入れた。
1年近くしてないらしいので処女並にキツかったが時間をかけて
奥まで捻じ込んだ。

ブラウスとブラを脱がして乳を揉みながら抜き差しを繰り返すと
里佳は必死に喘ぎ声を抑えていたが、徐々に・・・

物を引き抜き、バックの体勢にしてスカートを捲り上げて
桃のようなヒップに突き入れた。

里佳「あっっ、やぁぁ~っ」
俺 (やべぇ、超~キモチエエ」
乳を強く揉みながらや、尻を鷲掴みにしながら突きまくった。
正上位に戻して超高速ピストンでフィニッシュ。
里佳のお腹に大量放出w

しばらく横になっていると里佳は少し泣いていた。
俺は掛ける言葉が見つからず、「ゴメン」としか言えなかった。

急いでシャワーを浴び、高速をぶっ飛ばして里佳を自宅に送った。

里佳「奥さんに解らないようにして下さいね。」
俺 「今日は俺と里佳ちゃんだけの秘密だから」
里佳「そうですね、おやすみなさい」

それから里佳とは1年半くらい続いたのですが、彼女が卒業して
就職したこともあり関係は終わりました。

里佳の居なくなったスタンドはセルフに変わりましたが、
給油に立ち寄ると里佳とのSEXを思い出して
愚息は固まりますw


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!