先輩の彼女は昔ナンパした女だったww[エッチ体験談]

入社して2年目位の24歳の頃。
会社の5歳上の先輩・・

優しくて仕事の出来る人で入社した時から指導役みたいな感じで
公私に渡ってお世話になってた・・

と仕事帰りに飲みに行った時、
先輩が付き合い始めて半年になる彼女を呼んだ。

やって来た彼女を見て驚いた。
彼女も驚いたみたいで一瞬顔色が曇った。

・・が、二人共冷静を装って、「初めまして」と挨拶を交わした。
何故かというと一週間位前にナンパしてHした女性だったからだ。

成り行きは・・一週間位前に仕事帰りに立ち飲みバルへ
一人で立ち寄った時に、同じく一人で来ていた美鈴さん・・

28歳でボブカットで本田翼ちゃんのような顔立ちと
痩せた体型で胸はBカップ位の貧乳の明るくて活発な感じの女性・・

と店が混んできて相席となり会話をするように打ち解けた。
酔いも手伝って色々と話が・・

美鈴さんは、『現在交際している男性がいるが、
半年も経つが手も握ってこない・・私に魅力がないのか?』
と悩んでもいた。

話をしていると年齢よりも若く見え、可愛く見えてきた。

仕草とか、身長差から俺の顔を見る時、
必然的に上目遣いになりドキドキした。

そして、段々と下ネタにもなっていき・・
『女性は生理前になるとHしたくなるのか?』という話題に。

「何となく分かる様な気がする・・」と美鈴さん。
「えっ、そうなんですか?」

「だって、私、生理前だもん・・」
「じゃぁ・・今、ムラムラしてるんだ!」

「う~ん・・してるかも?あはは!」と明るく笑う美鈴さん。
「じゃぁ、行きましょう!」と手を引いて店を出る俺。

「えっ?えっ?ドコ行くの?」
「ホテルっす!ホテルに決まってるでしょ!」

「ええ~?」と言いながらも手をギュウっと握り直して
付いて来る美鈴さん。

そして、ラブホへ入り・・3回Hしました。
1回目は、「生理前だからいいよね?」とナマ挿入。

手を出さない彼氏の為に・・溜まってたのか受け身が多かったが、
積極的にフェラしたり、腰を振って気持良さそうに喘いでた美鈴さん。

「やっぱり・・外に出して・・」
と言われ、口の中に発射して飲んで貰った。

「飲むの初めて・・」と顔をしかめていた。

「エッチしたの・・久しぶりなの・・」
と2回目は、美鈴さんからおねだりしてきて・・

やはりナマで挿入してすぐに逝った美鈴さん。
一度逝くと逝き易いみたいで、何度も逝ってた。

途中・・生理が始まってしまい・・
結合部から血が滲んできて処女とヤッてるみたいで興奮した。

そして・・最後は中出しさせて貰った。

「初めて・・」と初めての生理中のH、
初めてのナマ姦中出しHに、舌を出してた美鈴さんが可愛くて、

「もう1回しよぉ・・」と貧乳の乳首・・
キレイで敏感だった・・をチュバチュバ吸いながら甘えたが、

「もうダメぇ・・キミ、激しいからクタクタだよ・・
女の子の日来ちゃったし・・」とうつ伏せで寝たふりをする美鈴さん。

「やだぁ!したいよ・・」
と美鈴さんの小振りなお尻にまたがって、
ナマで間違えて勢い余ってアナルに挿入してしまった。

「ぁああっ!いたぁい!ソコは違う!痛い痛い!」
と泣き叫ぶ美鈴さん。

意外とすんなり入って、膣とは違う包まれ方が気持ち良くて
腰を振ってしまう俺。

美鈴さんのマ◯コもキツくてよく締まり凄く気持ち良かった。
乳首同様、綺麗なピンク色だった。

「イヤイヤ!イタイ!動かないで!」
と泣く美鈴さんの声も耳に入らない。

しかし・・泣きじゃくってた途中から、
「ぁあああ・・何か変・・あああ、いやいや・・」
と声の調子が変わってきた美鈴さん。

最後は、「ああああ!やだやだ!逝っちゃう!オシリで逝っちゃう!」
と身体をビクンビクンさせてアナルで逝った美鈴さん。

その時に括約筋がギュンギュンと締り、アナルの中に中出しした。
すげぇ気持ち良かった。

「ぐすんぐすん・・」と涙ぐんでる美鈴さんに、
「ごめん、ごめんなさい」と謝ると、

「いいよ・・いいよ・・」と言ってキスしてくれた。
そして・・一緒にお風呂に入り、別れた。

お互い、一夜限りの関係と割り切っていたので、連絡先とかも聞かなかった。
・・そんな美鈴さんが今、目の前に畏まって座っている。

先輩がトイレに行った時に、
「カレには・・この前のこと・・絶対に内緒よ?約束してね」と言われ、

「勿論!絶対に言いませんよ!」
「携帯貸して・・」と言われて、連絡先を交換した。

その後・・先輩と進展がない為、
目覚めた性欲が満たされない美鈴さんと頻繁に逢ってはHしてる。

勿論、二人が目覚めたアナルセックスも。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!