つよく、よわく、強弱をつけて、やさしく、激しく… [エッチ体験]

私には中学1年生のころから3年間付き合った年上の彼氏がいました。

そして別れた後もきちんとけじめをつけることが出来ず、

遊ぼうと言って会ってはエッチを繰り返す、

中途半端な関係が続いていました。

切ない・・・。

私はまだ好きだったんです。

でもそれも、1年前に彼に彼女が出来たことがきっかけで終わり、

それからしばらくは彼氏もできませんでした。

それから1年ほどたった今年の夏。

18歳になりました。

一応年上の人とエッチしても(法的に)問題なくなったのと、

1年以上エッチしてないのでどうしても寂しくなって、

今まで怖くて使ったことのなかった出会い系に登録してみることにしました。

あんまり期待はしてなかったんですけどね。

そしたらびっくり。

多分1番写りのいいプリクラを使ったこともあったと思いますが、

毎日のようにメッセージがきました。

実生活でモテたことは1度もないんですが、

こういうの はまた別なんでしょうね。

その中から、一番メールの感じがよく家も近いマサトさん(仮名・34歳)と、

会うことにしました。

会うまでは、楽しみと同時にものすごく不安でした。

危ない人だったらどうしよう?とか。

でも、会った瞬間、そんな不安はどこかに行ってしまいました。

かっこいい。

スタイルもいいし、話し方も丁寧で、正直タイプ。

いきなりホテルは嫌だと言って おいたので、

とりあえずココスに行ってお昼を食べて

(お話しするのも本当に楽しかった!)、

それからマサトさんが調べておいてくれた(笑)

ホテルに行きま した。

実は、人生初のラブホ。

なんだか汚いイメージしかなかったので、

普通のホテル以上に豪華だったのは本当に驚きでした。

「お風呂、一緒に入る?」

って聞かれて、びっくりしちゃった(笑

男の人とお風呂に入ったこともなかったので。

彼氏とは彼の実家でHしてたから、

いつもシャワーとかなしでやってたんです。

とりあえずは別々にお風呂に入って、

彼がシャワーしてる間に私はコスプレのセーラー服に着替え…

もう、この時点で相当どきどきしてました。

そしたら、マサトさん、

シャワーからパンツ1枚で出てきました(笑)

「男って隠せないから恥ずかしいよねー」

っていいながら。

あそこがもうガチガチなのがよく見えて、

恥ずかしいやら嬉しいやら。

というか恥ずかしいならなにか着ればいいのに(笑)

とおもいつつ、私ももう、Hを待ち切れずあそこはびしょびしょ。

女の子はぱっと見で分かんないのが救い。

パンツ一枚の34歳既婚男性と、

セーラー服着た18の女〇高生…

この状況にまず興奮している自分がいました。

そして、大きくてきれいなベッドに座って、キス…

びっくりするくらい、何ていうか、

濃くて、優しくて、エッチなキス。

さすが大人、とか思いながら、私も一生懸命応えます。

そしたらベッドにゆっくり倒されて(この瞬間スキ)、

気付いたらセーラー服の短いスカートの中でマサトさんの大きな手が…

「これ、使ったことある?」

そういって彼が手に取ったのは、

ネットでしか見たことがなかった電マ。

もちろん彼氏とは使ったことありません。

「ないです…なんか、怖くて」

って言ったら、

「じゃあ試してみようね?」

っていって、まずは下着の上から、

ゆっくり優しく撫でてくれます。

初めての感覚で、

どうしたらいいか分かんないくらい、

声が出ちゃいます。

「マリちゃん、可愛いよ。ほんとに。直接やったらどうなっちゃうのかな?」

そういって、今度は下着を脱がせてきます。

私も私で脱がせやすいように腰を浮かせていたり。

もう完全に気持ち良さで頭がいっぱいです。

何ていうか、最高で した。

つよく、よわく、強弱をつけて、やさしく、激しく…

頭の片隅で経験豊富なんだなぁとか考えながら、

快感に浸っていました。

「ねぇ、マリちゃんのおまんこ、びちょびちょだよ…?」

わざとエッチな言葉を耳元で囁きながら、

今度は指でたくさん中をかき回してくれます。

マサトさんの言う通り、

びちょびちょに濡れて、

耳をふさぎたくなるくらいやらしい音がホテルの部屋に響いていました。

恥ずかしがる私を見て満足げなマサトさん…

こんなにいろいろして貰って嬉しい、って思っていたら、まだあります。

「ねぇマリちゃん、舐めてもらったことある?」

って。

実はこれもありません。彼氏は好きじゃなかったみたいで。

「して貰ったこと、ないです…」

って言ったら、にっこり笑って

「じゃあ、初体験だね?」

って。

ゆっくり下の方に降りて行って…

クリにちゅってキスをしてくれます。

初めは優しく、だんだん激しく…

割れ目から中に舌が入ってきた時は、

思わず大声をあげてしまいます。

「あ…あっ、マサト、さん…それ、もう…あんっ…」

(逆はいっぱいやったことあるけど)

自分のあそこを男の人が舐めてる。

ミニスカートの陰からちらりと見ては恥ずかしさで目をそむけながら、

初めての快感に声は大きくなるばかりです。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!