膣内から溢れた精液がお互いの下腹部にたくさん飛び散って・・ [エッチ体験]

私は初めて媚薬なるものを入手し、

女子大生のセフレと一緒に楽しもうと思って、

カフェオレに混ぜて飲もうとコップに作ってから

冷蔵庫で冷やしていました。

私はバツイチで娘がいて、

全寮制の女子高に通っているので

家は同じ県内なのですが、

通常は独り暮らしです。

私はセフレの子が家に来るのを待っていたのですが、

喉が乾いていたのもあって先に媚薬入りカフェオレを一気飲みして、

ドキドキしながら待っていました。

少しするとドアで呼鈴がなったので出ていくと、

なんと来たのは今週帰らない筈の娘の陽子でした。

「あれ・・・今日は外泊できたの?」

ちょっと焦りながら娘に聞くと、
「うん・・・ちょっと帰りたくなったから・・・」

「そっか、ならゆっくりできるね。」

しらじらしく言いながらも、

陽子が台所に行くと慌ててセフレに連絡して

今日の予定をキャンセルしました。

(ま、仕方ないかぁ・・・)

せっかくちょっと禁欲してこの日に備えていただけに、

残念に思いながらも久し振りの娘との時間を大事にしようと思いました。

陽子がお風呂に入ってる間に、

簡単に食事を作っていました。

少しすると風呂上がりの陽子が台所に来て、

後ろで冷蔵庫をゴソゴソやっていました。

私は一瞬、ハッと冷蔵庫に隠した媚薬入りのカフェオレを思い出して、

娘の方を振り返ると、時すでに遅し・・・

グビグビと飲まれてしまっていました。

「あ・・・陽子・・・お前それ・・・」

「え~いいじゃん。コップ1杯くらい。ほら、また注いであげるから・・・」

私は内心で大丈夫だろうかとソワソワしながら、

食事を作ってから風呂に入りました。

風呂に入ると、何かだんだん気分が悪くなってきて、

頭がぼーっとなって来ました。

(しまった・・・さっきの媚薬が体に合わなかったのかも・・・)

私はフラフラしながらも、

娘が心配で風呂から上がって様子を見に行ってみると、

案の定、陽子もソファーでぐったりとなっていました。

「陽子、大丈夫かっ・・・」娘を抱き寄せて、

顔を近づけると風呂あがりのシャンプーのいい香りがしました。

陽子は力無くこちらに寄り掛かってきました。

「・・・」

胸元の大きく開いたシャツから、

たわわに実った谷間が露わになりました・・・

こんな状況なのに、

娘の胸元が気になって心臓がドクンドクンと

急にドキドキしてきました。

それに私のアソコも呼応するようにビンビンに硬くなっていました・・・

「この辺が苦しいの?」

私の手は無意識の内に娘の胸を揉みしだいていました・・・

(何やってんだ俺は・・・)

心の中ではそう思いながらも、

ドキドキが収まらずにどんどんエスカレートしていきました・・・

「このへんかな・・・」

私はシャツをたくし上げてブラを上にずらして、

かわいい乳首に吸い付きながら、

娘の胸を舐め回しました。

「はぁはぁはぁ・・・」

娘はただ息を荒くしてされるがままに体を預けていました・・・

この辺りから興奮が絶頂になり、

細かい描写は途切れ途切れしか覚えていませんが・・・

私はおそらくゆっくりと時間をかけて

10代の娘のピチピチの体を舌で味わっていたと思います。

さっきまでの気持ち悪さは無くなって、

変わりに心臓が飛び出そうな程のドキドキ感と快感に包まれていました。

娘はいつの間にかズボンをずらして、

そそり立ったチンポを狂ったようにしゃぶりついていました・・・

そのまま69の体勢になって長い間、

娘のおマ○コを舌で堪能していたと思います。

いやらしく育ったこのマ○コに他の男のモノが入ったのだろうか・・・

私は娘のおマ○コを舌先でペロペロ味わいながら、

股間から見える娘の姿を見つめていました・・・

小さな唇を必死に開いてチンポに狂ったように吸いつく姿が

とてもいとおしく感じました。

かわいいおっぱいがプルプルと震えていました・・・

一口一口精子を吸い上げるようにチュルチュルと音を立てて、

チンポが娘の口に含まれる度に

ずーん、ずーんと快感が押し寄せました・・・

私はその時、この娘を他の男に渡したくない・・・

という気持ちになりました・・・

それからはまた・・・頭がぼーっとしてて・・・

覚えているのは、ソファーの上に座る私の上で

全裸になって踊る陽子の姿でした。

私は座ったままチンポを突き立てているだけで、

娘はそれを全て飲み込み、

味わうように激しく腰を動かしていました。

根元まで突き刺さった私のチンポはかつて無いほどに膨み、

また味わった事の無いほどの快感に包まれていました。

もう、その快感がいつ果てたのか、

何度果てたのかも判らない程でした・・・

気が付けばもう夜中で、精魂尽き果てて、

ぐったりとすると、抱きしめていた娘の中にから

元気なく縮んだチンポがヌルリと抜けると

後から白い液体がドロドロと溢れ出てきました。

よく見ると、陽子が激しく暴れたせいか、

膣内から溢れた精液がお互いの下腹部にたくさん飛び散っていました。

私は娘を抱きしめたまま力尽きてそのまま眠りました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!