Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

俺と定期的に逢うようになりセフレと化すことになった[セックス体験談]

ピンポンとチャイムが鳴り、モニターを見てみると、清楚系の主婦らしき女が立っていた。
ちょうどオナニーしていたところで、息をハアハアさせながら、ティッシュでふき取り、パンツ、ズボンを履いて、玄関のドアを開ける。
「すみません、聖書に興味はありませんか?」
「はあ?」
聖書に興味はないが、この女・・・
小さなモニターで見るより、かなり可愛い。
完全にドストライクだった俺は、さっきまでオナニーしていたこともあり、この女とヤレないか、ということばかり考えていた。

「神様はおっしゃっています。人生は・・・」
女の長々とした説明が始まるが、童顔な顔に似合わない、大きめな胸ばかり、チラチラと見てしまう。
形、サイズともに、かなり俺好みだ。

「あの・・・」
俺が話を聞いていないことが分かったようで、女は戸惑いの表情を浮かべながら、俺のことを上目づかいに見る。

「寒いので、良かったら中、入りませんか?」
優しく微笑んで、女を部屋の中に入れようとするが、女は少し躊躇する。

「誰もいないんで、大丈夫ですよ。少し散らかっていますけど。聖書のこと、もっと知りたいので、中で詳しく聞かせて下さい」

聖書のことを話すことができるということで、女も安心したようだ。
靴を脱ぎ、綺麗に揃える。
育ちも良さそうだ。

ひざ丈から伸びている足はちょうど良い肉付きで、色気がある。
ストッキングがやけに艶めかしく、すでに俺は半勃起状態だった。

ソファに腰掛ける女。
お湯を沸かし、インスタントのコーヒーを入れるが、女の方には、媚薬を混ぜる。

以前付き合っていた彼女に、この媚薬を頻繁に混ぜ、何回もセックスしていたから、効果の方は保証済みだ。

「どうぞ」
微笑みを浮かべて、女にコーヒーを勧める。
女も喉が渇いていたらしく、早速何も疑うことなく、飲み始めた。

それから女の宗教勧誘が始まるが、俺は軽く頷くだけで、女とヤることだけ、考えていた。

しばらくすると、女の目が潤み、体が火照ってきたようだ。
体の異常を感じ始めた女は、
「そろそろ帰ります」
とバッグを持ち、帰る準備を始めた。

こんなチャンスを逃すわけにはいかない。
俺は思い切って、女のことをソファに押し倒した。

「神様が結び合うことをお望みですよ」
「え・・・?」

女の驚いた表情がまた可愛らしく、俺は思いっきりディープキスをした。
媚薬が効いているのか、女はかなり感じている。

「あ、ああ・・・」
女のいやらしい喘ぎ声で、スイッチが入った俺は、女のブラウスを破き、胸にしゃぶりついた。

DかEはあるだろうか。
乳房は大ぶりなのに、乳首は薄いピンク色で小さめでエロい。

前戯もそこそこに挿入し、女のマンコが締め付けが良く、最高だった。

彼女と別れて3ヶ月くらい経っていて、久しぶりのセックスで俺は挿入してから5分足らずでイってしまった。

女も媚薬のせいで抵抗ができず、その後、2回ヤったが、女もかなり感じているようだった。

それからその女は宗教の勧誘にくる名目で、俺と定期的に逢うようになり、セフレと化すことになった。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!