Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

朝立ちチンポに手持ちのローションをまぶして挿入www[エッチ体験談]

人妻のセフレは、旦那が帰省中、俺とやりまくった
ナツコと関係のあった年のお盆は彼女の家で激しすぎる交わりを繰り広げました。
例年ですと、ナツコは旦那とともに旦那の郷里に帰ります。遠方です。
色々と地元ではヤバいことやってるらしいので、コッチに逃げてきてるらしいです。ただ、毎年お盆だけは帰省し、地元の人間と遊んでると言うことでした。
ということで、当然色々と理由をつけさせて、ナツコにドタキャンさせました。
旦那は最後までブツブツ言ってたらしいですが、彼も連れと遊ぶのを楽しみにしてましたので一人で帰省しました。

旦那が出発すると同時に、数日間は家に引きこもるためナツコは買い出しに出かけます。
滅多に家の掃除もしないくせに、オレが来るからということで一生懸命掃除をしたそうです。

オレの出迎えは当然全裸。「○時頃行く」とだけメールし、わざと30分ほど遅れていくとヤってました、オナニー。そこまで命令しなくても自発的にヤルほど仕込まれてます。

磨りガラス越に肌色が動いてるのがわかります。
一度前を素通りすると、ビクっと一瞬動きがとまりました。

数分後ドアをガラっと開けると、汗だくになりながらM字開脚で指マンしているナツコが。
後ろ手にドアを閉め、オレもその場で服を脱ぎます。すぐさまチンポを咥えてくるナツコ。

15分ほどでしたか、その場で舐めさせましたが、誰も通りません。立ってるのも疲れたので、寝室に移動。

ちなみにナツコの家ですが、玄関、両脇に台所と風呂、トイレ。居間、寝室という構成。

寝室は、カーテンを敷き、クーラーが入っていて布団が敷かれ、更に潮対策のバスタオルも敷かれていました。
(ヤル気満々。)

汗だくでオナニーしていたため、ナツコは「シャワーを浴びたい」とぬかしましたが許しません。
汗好きなんですよ、オレ。滴る汗にまみれながらのSEXに興奮します。

せっかくはいっていたクーラーを切り、カーテンとともに窓を全開にした後、押し倒しクンニ。

「あんっ、ダメ~」汗と愛液が入り交じり、雄を興奮させるテイスト。
「コレは汗か?愛液か?ドスケベが」「いやー、言わないで」
「まさかオナニーでイってないだろうな」「うん、我慢した。チンポでいっぱいイキたいから…」
さてさて、このお盆で何回イクことになることやら。

大サービスで1時間くらいクンニ。ナツコをイかせないように、ゆっくりと、それでいて感じる所をピンポイントで苛めます。

ナツコは身体をよじらせながら「んあぁぁぁぁ…、もう我慢できない…」とか言いながら、それでも1時間我慢させました。

フェラ、今度はナツコが攻める番です。2時間にわたり拷問フェラ。もう痛いくらいにギンギンです。

シックスナインを1時間。もうお互いの顔は汗と愛液、よだれでベトベト。
お互いイキそうなものだから、いかに相手から「ストップ」と言わせるかの競争になります。
5勝5敗くらいだったと思います。

二人同時に我慢の限界に達したところで挿入です。
ズルズルのナツコのマンコに、石なみに堅くなったチンポをあてがい、まず亀頭を埋めます。
「はうっ」軽く仰け反るナツコ。

膣壁の感触を味わうようにゆっくりとチンポを押し込んでいきます。
ナツコは半目で口を軽くパクパクさせながら、身体を硬直させます。
7割くらい埋まった時に来ました、潮です。膣全体から温かい液がジワーッっと出てきてチンポ全体を包み込みます。

潮論争をする気はありませんが、私が体験した限りでは、まさしくチンポを包み込むような感じです。
少し出し入れするとピチャピチャっといやらしい音が。見る見るうちにオレの陰毛がグッショリと濡れていきます。

先ほども書きました、窓は全開です(ま、裏庭的な方角ですので、人が通ることは皆無ですが)。
なんですが、ここからのナツコは絶叫です。 こっちが心配になりますが、おもしろいので煽ります。

ガンガン犯しながら「そんなに喘いでると近所に聞かれるぞ」(いえ、聞こえているでしょう。)
「だって、気持ちいいんだもん!」
「旦那のチンポじゃないことも近所に教えてあげないと」
「う、うん、どう言えばいい?」「浮気のチンポ、気持ちいい!でいいんじゃね?」
それを素直にリピートするナツコ。可愛い奴です。

防音バッチリで窓を閉め切っていても外に漏れるんじゃないかというくらいの音量。
それが、ボロボロの借家で窓全開。更にオレの指示で淫語を絶叫しているわけで…。

夜こそ閉めましたが、朝から夕方まで、断続的に、散発的に、それは数日間繰り広げられました。
もうね、オレは知らんよ。

ナツコはお構いなしにアンアンとイイ声で気持ちよさそうに喘いでいます。
正常位、バックを中心に、部屋中移動しながら、時には窓際で、時には玄関で、延々と犯します。

いたる場所で潮を垂らしながらイキまくるナツコ。お互い汗だくで交わり続けます。
ということで、初日のウエルカムセックスは、前戯含めて6時間。 気づけば夕方。

一応区切りということで、ナツコの40イキを達成したところで終了。
もちろんオレはイかせてもらえるわけがございません。

さすがに体力の限界。二人してグッタリですが、ナツコは甲斐甲斐しくタオルを濡らしてきてオレの身体を拭いてくれます。チンポだけはフェラですが。
そのまま眠るオレ…。

チンポへの刺激で目が覚めました。もちろんナツコのフェラです。

「晩ご飯できたよ。」

そんなに料理は得意ではないらしいんですが、精一杯頑張ってるのがわかります。
二人して全裸。テレビ見ながら飲酒と食事。

食事が済むなり、チンポを咥えにかかるナツコ。オレは指でマンコ弄り。テレビを見ながらマッタリと愛撫。
不意に旦那の動向が気になり始めるオレ。

だって本職と間違われる程の人物ですよ? バレたら間違いなく殺されます。
「大丈夫かな?」
「大丈夫だよ。確認しようか?」といい、メールを旦那に送るナツコ。

しばらくして着信。「ほら、見て」と写メを見せてくれます。
楽しそうに柄の悪い連中と酒盛り中の男。オレは初めて見る旦那。
(いや、道で会ったら間違いなく目をそらすわ…)というほどのナイスガイ。
「横に居るのが旦那の連れの○○君」
ま、とりあえず一安心かな。

安心したところでシャワー後、2回戦突入…。
昼間にイキすぎてますので、夜はおとなしめでした。と言っても20回イキましたが。

イクだけイったらシャワーも浴びずに眠るナツコ。オレも寝ます。
またチンポへの刺激で目が覚めます。時間は夜中の3時。

「…好きだなぁ。」
「なんか目が覚めちゃって。」
結局そのまま結合、5回ほどイかせて再び睡眠。

翌朝はオレの方が先に目を覚ましました。ナツコはまだ寝ています。
そっとナツコを仰向けにし、朝立ちチンポに手持ちのローションをまぶして挿入。仕返しです。

「んぁ…」さすがに目を覚まします。
ゆっくりと出し入れ。すぐにあふれてくる潮。急いでタオルを敷きます。
寝ぼけたままのナツコを犯し、モーニングセックスで5回。

朝ご飯の後は、シックスナイン。
「記録を作ろう」ということで、4時間。お互いの性器をゆっくりと愛撫し続けました。
お互い顎がガクガクです。

そして挿入。この辺りからもうオレのチンポは神状態。 勃起はするけど感度はかなり鈍ってきてます。

つまり、体のいい肉バイブ。 ナツコには溜まらないでしょうが、オレはあんまり面白くない。
それでも勃起しつづけるチンポ。

こうなると苦手な騎乗位もドンと来いです。 
(普段なら騎乗位だと1分も我慢できないヘタレなんです)
ナツコが上に跨り、好きなように腰を振ります。ツルマンに埋まり込むチンポがビジュアル的に卑猥です。

これは相当ツボにはまったみたいで、潮は寝ているオレの顔にビシャビシャ飛び散るほど。
そして普段以上にイきまくってくれます。
イク度に身体をガクガク震わせながら、それでもイキながら擦り続けるナツコ。
1時間ほど好きにさせてましたが、20回くらいイってました。

正常位で10回、バックで10回、松葉崩しで5回。
もう最後の辺は、エロ小説のようにナツコはよだれを垂らしながらよがってましたね。

体力の限界とともに休息。二人ともピクリとも動けません。
そして2時間後くらい? やはりナツコのフェラで起こされるわけで。

「すっごい堅いね。ダメだ、また欲しくなってきた。」
と言いながら跨ってくるナツコ。
好きにさせてたら5回ほど立て続けにイってました。

遅い昼ご飯を軽く食べます。計算してみたらここまで120回ですか…オレはゼロなのに。
「私ってすごーい! 頑張ったらもう倍くらいイけそうだね。」って、底なしかよ。

一応旦那は2泊3日の予定ですので、帰ってくるのは、明日の夜。
オレは明後日から仕事もありますし、明日の昼には帰ることになってます。
まぁしかしよくイけるもんだ、羨ましすぎる。女に生まれたかった。
絶対セックスは女の方が気持ちいいと思う。

で、オレは最終日の午前中に大量中出し。頭の中が真っ白になりそうなほど気持ちよかったと。

「後1時間で帰る」と旦那からメール。それがオレの帰宅の合図。
帰り際に再度交尾&ソッコー中出し。
ナツコはオレの精液を膣内に遺したまま旦那をお出迎えです。

こうして3泊4日に及ぶ「性の宴」が終わりました。ちなみに体重を量ると3キロ減。
これほどヤり狂ったこともなかったので大変思い出深い数日でした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!