Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キスをしオッパイを揉みながらゆっくりとチンポを入れていく[セックス体験]

オレは30歳の7ヶ月になる娘をもつパパ。
ある日娘を抱っこして住んでいるアパートの近くの公園にやってきた。
オレはベンチに座って娘とじゃれていた。するとそこにウォーキングをしていた40歳くらいの女性が話しかけてきた。この靴下お兄さんの子供のじゃない? と聞いてきた。
えっ?見てみると履いていた靴下が確かに見事に両足とも履いていない。 すいません。うちの子のです。

するとその女性がこんな可愛い靴下落としたらダメでしょーオバチャンが履かしてあげようーと寄ってきました。
すいません。お願いしますー。と言いながら近寄ってくる女性を見るとなんてキレイで色気があってポッチャリでもないのに、なんというアンバランスなほどの胸の膨らみ。デカイ。オレは一瞬我をわすれました。

女性は小さい靴下ねー。オバチャンが履かせてねーと膝の上に座らしている娘に話しかけながら履かせてくれました。そこには絶景が。

靴下を履かせよーと前屈みに。 目の前には深い谷間が。  
オレはその谷間にくぎ付けになりました。 

しばらくするとヨシ。もー落としたらダメよー。バイバイっと去っていきました。
なんだったんだ今の人。 あんなエロい体した人が世の中にいるのか? それにしても爆乳だった。 

しばらく頭けら離れなかった。
また出逢いたいなーと何度も公園に通うようになりました。
その後何度か出逢い挨拶するなかになり、少し話しをするくらいの仲になりました。

ある日から娘なしでもっと二人で仲良くなりたい。
そうだ。オレもウォーキングはじめよー。
ある日から女性の時間帯に合わせ歩くようになりました。
すると、あれ?パパさんこんにちはー。パパさんもウォーキングするんだー?っと話しかけてきました。

おれは最近運動不足で体もかなり硬くなってきたから運動しよーと思って。すると女性がじゃー一緒に歩こうと。二人で色々話しながらウォーキング。
お互いの名前を教えあって、女性はムツミさん41歳。
旦那さんは土木の社長さんで、そこそこ金持ちで東北に仕事にいってひとつきに5日くらいしか今は帰ってこないという。

そしてオレの事はあっ君と呼んでくれる事になった。
色々話してるとムツミさんの孫に買ったけど娘にいらないと言われた新品の子供服があるからいらない?と聞かれ。えーいんですか?貰えるなら欲しい。と言うとね
じゃー家今からおいでよ。と行く事になりました。

ムツミさんの家につくと結構立派な家が。上がってー。お茶いれるねー。と家の中に。

用意してくるねくつろいでてと適当にテレビとか見ててね。しばらくすると子供服をもってウォーキング姿とは違うジャージから着替えたムツミさんが。エロい。スカートに胸元のかなり緩い服。少しでも屈むと谷間がちらつくほどだった。

ムツミさんは色々あるけど欲しいの持っていってねーとボクの前に服を置きました。そこには前屈みでこれでもかと爆乳が顔を出していました。

いったい何カップあるんだGカップくらいなのかなー。そーしてうちにムツミさんがうちの孫見てくれる?とアルバムを持ってきました。

お茶やお菓子を取りにいってる間オレはアルバムを見ているとそこには。ムツミさんの娘が。可愛い。そして爆乳。海に行ってビキニ姿の娘。
たまらーん。ずっとそれを見ているとムツミさんが戻ってきました。

これってムツミさんの娘さん? 
そうよ。ムツミさんに似てめっちゃ可愛いねー。
えー嬉しい。それにしても凄い胸大きいんですね娘さんも。いっぱい似てるんですねー、と言う。
そうなの私も娘も二人ともHカップあるから娘の下着もらえるの。

えっえっえっHカップーーーーーーー。

マジっすか?大きいと思ってたけどそんなデカイんすね?すげーー。と興奮してしまったオレ。

お落ち着けオレ。と言い聞かせながらも話題はオッパイに。 娘さんのビキニ姿刺激が強すぎるー。と言うとじゃー次の次のページくらいは見ないほうがいいよ。えっ何で?
見たらわかるよー。
恐る恐る見ると娘さんの授乳写真がー。乳丸見えー。うわっ、。エロい。ヤバイ。
興奮しているとソファーの隣にムツミさんが。もーあっ君落ち着いて興奮しすぎ。と太ももに手を置いてきました。
これはエロすぎでしょ。娘さんムツミさんに似てるから、まるでムツミさんの裸見てる見たいでヤバイっす。
またまたー。あっ君上手ね。
いやいや本間にエロすぎですよ。もーボク今立てないです。と言うとムツミさんは笑いながらオレの腕をくみ、あっ君おもしろいー。
ムツミさんのHカップがオレの腕に押し付けられてるー。

ちょっとー娘さんのHカップみながら、ムツミさんのHカップ押し付けられたらおかしくなりますよー。と叫ぶ。

ムツミさんは笑いながら娘で興奮してるクセにー。私みたいなオバサンでは興奮しないでしょー。

オレは立ち上がり、娘さんよりムツミさんでこんなことなってると、ジャージをぬぎボクサーパンツ姿でギンギンになっている自慢のデカチンを見せました。
すると一瞬目が点になったムツミさん。ちょっとー。もーバカ、エッチ。と笑い声を出していました。

オレもジャージを上げて、ねームツミさんで興奮してたでしょ?と言うとすごく女の子らしい口をすぼめ赤くなった頬で頷きました。
もームツミさんも娘さんと刺激強すぎですわー。夜寝れないです。と言うとムツミさんがソファーに座っているオレの横にびっちりくっついて腕を組んで爆乳を押し付けながら、私も寝れないかも…。

可愛いーーーーーーー。可愛いすぎる発言。
おれはじゃーどうしたい?と聞く。するとムツミさんがジャージの上からギンギンのチンポを撫でながら言わないといけない? 可愛いーーーーーーー。可愛いすぎる発言2。

じゃー言わなくていいからその手で表してと言う。するとムツミさんの手がオレのパンツの中に。一瞬固まったムツミさんがオレの耳元で吐息まじりに、凄い。。大きい。。大きい。。ヤバイ。。と言うと耳の中に舌を押し込んできました。

オレは目を閉じハァハァとされるがままに。

気持ちいい?はい。ヤバイっす。ジャージやパンツをするする脱がされて行くオレ。

なんなのこれー?こんな大きいおちんちん見たことないー。いやらしいー。と興奮するムツミ。

ほんとに大きいわね。耳に舌を押し込みながら大きい大きいと連呼する。
ムツミの爆乳がオレの腕を挟んでいる。あー気持ちいい。ムツミさんのテコキヤバイよ。
ムツミさん出そう。ダメ。と手をスローに。落ち着くとまた耳に舌をいれながら、あっ君のおちんちん大きくてたまならいわーと激しテコキに移行していく。

あっ出そう。するとダメ。とまたスローに。もームツミさんの意地悪。するとムツミさんがキスをしてきました。

始めは優しく。手の動きと連動してキスも激しくなり。二人は舌を絡ませながら絡まっていきました。

服の上からムツミさんの爆乳をもみただすと、ムツミさんは体をくねらせてアッと声をだ、し二人は激しさをましヨダレをたらしながら舌をからませました。

ムツミさんのテコキは高速に、オレの手もムツミさんの爆乳をわしづかみに。
あっ出る出る。そのまま発射。放心状態のオレにまだ舌を入れヨダレを舐めまわすムツミ。

ムツミはオレの膝の上に乗り服を脱いだ下着姿のムツミ。
そこにはエロと言うしかない体が。真っ白のブラから今にもこぼれそうなhカップのオッパイ。オレは顔埋める。やさしく頭を撫でるムツミ。

ムツミのブラを外すと40歳とはまったく思えない凄いボリューム。それにキレイな乳首。いやらしく大きい乳輪。ムツミさんマジデカイ。たまんないっす。と爆乳を舐めながら揉みまわす。
喘ぐムツミ。もっと乱暴にしてー。わしづかみに揉みまくる。

あっん。あん。あっ君のまた大きくなってるとチンポを握ってくる。
ムツミを押し倒し抱きあう二人。ムツミのパンツを触るともーびちょびちょだった。
パンツを脱がし、クリトリスを触ると今までにない大きな喘ぎ声。
爆乳を舐めまわしながらゆっくりと指を入れていくと、ムツミが指入れないで。お願い。と言う。どーして? いきなりあっ君の大きいのを入れてほしいの。いいよ。じゃーあとでぶちこんであげるねっ。と耳元で言うとそれだけであーんっと震え感じるムツミ。

あっ君挟んであげるとパイズリをするムツミ。ムツミが私のオッパイに収まらないとか始めて凄いよあっ君。あっあっムツミさん気持ちいいよ。

あっ君のデカチンが谷間から出てくるよ。ムツミさんしゃぶってー。こんな大きなおチンポお口に入らないよ。大丈夫だってと言いムツミの頭を持ち口の中に押し込みます。
涙目になり苦しみながら顔を横にふる。はぁーはぁーはぁー大きいよ大きすぎるよ。もー無理? ううん。もっと欲しい。

大きな口を開け涙目でオレを見つめ、ヨダレをたらしながら激しくしゃぶるムツミ。
オレもムツミさんの舐めたい。と言うと69の形にお互い自分にされた快楽以上を返しあう。

チンポに頬釣りしながらあー大きくて最高。たまらい。
クリトリスを激しく吸う。金たまを激しく吸うムツミ。舌を押し込むオレ。

アナルを舐めまわすムツミ。アナルに感じるオレを見るとムツミがあっ君アナル好き?うん。よつんばになってと言うムツミ。うしろけらアナルを舐めまわされる。

ムツミさん気持ちいいよー。じゃーもっと気持ちくしてあげる。アナルに舌を突っ込んでくる。あームツミさんヤバイ。アナルに舌をつっこみながらチンポをシゴク。あー凄いー。気持ちいー。あっ君私もー我慢できない。この大きいの入れてほしーよー。

オレはムツミに抱きつきキスをしオッパイを揉みながらゆっくりとチンポを入れていく。
あーーーーーーーーーーー。。。ーーーー。
ムツミが叫ぶ。まだ半分だよムツミさん。

オレに力任せにしがみつくムツミ。あーーーー。ーーー。あっ。
奥まで入れゆっくりと動かしていく。

喘ぎ声と言うより叫び声のムツミ。あっあっーあっんあん。凄いよー。大きいよー。と声にならない声で言うムツミ。
ムツミさんエロいっす。キスをしても舌を動かす余裕もないムツミ。ムツミのオッパイを寄せ腰をふる。横に顔をふりながら喘ぐムツミ。爆乳がこれでもかと揺れる。

ムツミさん上に乗ってー。騎乗位で。上にのり激しくオッパイを揺らす。ムツミの腰が止まらない。ムツミさんのオッパイ最高です。エロい。あっあっーあっんあん。あっ君のも最高。

あっ君うしろからぶちこんでー。ムツミが叫ぶ。バックからゆっくりと押し込む。だんだんと激しく腰をふる。ムツミの喘ぎ声が叫び声になっていく。
ムツミが倒れる。逃がさないオレ。倒れこんだムツミにつき続ける。あーごめんなさい。許して。もーだめー。あーーーー。ーーー。泣き叫ぶムツミ。 オレも限界だ。そろそろいくか。

正常位にもどし腰をふる。ムツミの爆乳が揺れる揺れる。
自分でHカップを揉むムツミ。あっあっーあっんあん。ムツミさんもーオレいきます。あっ君出してー。好きにしてー。 今までないくらい腰をふる。あーーーあっんー。ーあーあっーー。叫ぶムツミとオレ。あっあっいくよムツミさん。……………………。ムツミを見ると白目になりヨダレをたらしていた。失神だ。

白目でヨダレをたらして爆乳を揺らしているエロいエロすぎるーーーーーー。オレは迷いもなく中に大量にだした。ひくひくしてるムツミのおめこ。ムツミさんムツミさん。と頬を軽く叩く。意識をもどすムツミ。もー、、、、、だめ。。、

力つきたムツミ。
二人とも少し眠った。。
あっ君。起きて。
目を開けると
パンツにノーブラに胸元の開いたTシャツをきたムツミ。あー疲れた。と言うとお疲れさまとチュッとオデコにキス。あっ君凄かったね。私途中から意識なくなったー。

ムツミさん白目で失神してたよ。えー。嘘?ほんとに?ヤバイ。恥ずかしい。
全然めっちゃエロかった。最高やった。

ずっといきっぱなしの感覚で何回いったかわからない私。とりあえずこんな気持ちいいエッチ始めてやった。あっ君のこれ最高っと指をさしていた。

おれはうしろからムツミに抱きつき、ムツミさんこれで最後なん? えー。最後なんでやだよ。オレは服の中に手を入れうしろからムツミのHカップを揉みながらこんなエッチな体一生手放したくないよと言うと、ムツミも私もだよ、とキスをしました。
未だにムツミとは関係を持っています。1週間に最低でも2回はエッチをしています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする