明け方まで彼との想像SEXで逝きまくり…[エッチ体験談]

寂しいクリスマス。

彼とは遠距離恋愛中ですが今日は電話だけ・・・。

月に1度会えればいいのだけど、

遠すぎてそれも叶わぬときも。

実は、私はバツイチで、

もう子供は諦めたほうがいい年に近づいている。

そんな私でも愛してくれる彼。

会った時は彼にすべてを投げ出す。

1分1秒でも一緒にいたい。

そんな私の毎夜の自慰について・・・

自分を曝け出します。

今でもここに書くことを躊躇ってました。

これからも書くかどうかわかりません。

一人のクリスマスというシチュエーションが無かったら、

ずっと書かなかったかもしれません。

私は彼を失いたく無いという気持ちが強すぎるのでしょう。

彼とのエッチは徹底的に奉仕者になります。

そうしないと嫌われる、捨てられる・・・

といったことが頭をよぎってばかりです。

そんな私の一人エッチは異常かも知れません。

そもそもの始まりはコンビニで見つけた極太のソーセージでした。

手に取った瞬間、心臓がバクバクしました。

彼の物にそっくり。

太さ、硬さといったら・・・。

その後、どうしたかわからないまま家のベッドの上で、

それをしっかり握っている自分がいました。

外装を破り、思わず口に咥えて擬似フェラをしました。

目を瞑り、彼の顔を想像して、一心不乱に・・・。

それからはどんどんエスカレートしていきました。

愛用している“王様の抱き枕”を二つ折りにして

彼のブリーフとアンダーシャツを着せ、

ブリーフの股間にコンドームをかぶせた極太ソーセージを突きたて、

擬似SEXをしてばかりです。

彼の下着は洗濯してないものを使うようになってきました。

彼の匂いが私を熱く濡らすのです。

今までは彼が帰るまでに洗濯をしてあげていたのですが、

そのために今は帰るときに新しい下着に着替えてもらってます。

彼の住まいへ行ったときも何かと理由をつけて

「時間が無いから持って帰って洗濯しとくね。今度うちに来たとき渡すね」

と言って、実は1ヶ月分の私の自慰のおかずになってます。

こんな自慰をしてるなんて情け無いと思うけど・・・

彼には言えないです。

彼は以前、

「オナニー狂いの女はいやだ、引いちゃうよ」

って言ってたので、

とても告白できません。

これ以外にも彼との行為を想像しながら

いろんなパターンの自慰で逝ってしまう私です。

今日も明け方まで彼との想像SEXで逝きまくり、

ソーセージを咥えたまま

枕を涙で濡らして眠るのだと確信してます。

気持ちが落ち着いたらまた書き込むかもしれません。

どうもすみませんでした。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!