アソコを濡らし軽トラで山を目指す私www[セックス体験]

農家に嫁いだ私の淫らな私生活を投稿したいと思います。

結婚後、夫の母が亡くなって父親だけになった事もあり、私達夫婦は実家に入る事になったんです。

夫の実家は農家で、田んぼを十数枚と畑を少し持っており、夫の父が1人でやり繰りしていました。

夫(44歳)は公務員(県職)で忙しく、家の事を手伝う事が出来なかったので、私が代わりに炊事の合間を見て手伝う様になったんです。

子供(1人:男)も生まれ、今では中学生になります。

数年前には義父も70歳を超え、体調不良もあり農業は私がメインで行う様になっていました。

30歳後半には夫は仕事も忙しく、夫婦の営みも無くなっていました。

まだ30歳を過ぎたばかりの私の肉体は欲しくて堪らなかったのを覚えています。(他の人より性欲が強かったかも知れません)
ある日、押入れの中を片付けていると、若き日に夫が買って使っていたバイブとローター、ローションなどが入った箱を見つけたんです。

思わずバイブを握り締めながら、昔を思い出しムラムラしていました。

そして私はズボンを脱ぎ、アソコにバイブを当てていたんです。

それからと言うもの、私は暇を見つけてはバイブやローターでオナニーをする日々を送っていました。

しかし、家の中には義父や子供もいたので、ビクビクしながら欲求を満足させていました。

ある日、私は道具を持ち出して外でオナニーをする事を決めたんです。

袋に入れた道具を持ち、軽トラで山中の田んぼに出掛け、誰も来ない所で車を止めバイブを手に取ったんです。

辺りを気にしながらズボンを脱ぎ、アソコにバイブを当てると既に濡れまくったマンコに吸い込まれていったんです。

初めての野外オナニーに、思わず大きな声を出してしまいました。

誰も居ない山中、私は1時間もの間バイブと戯れる事が出来たんです。

それからと言うもの、私はいつも外でオナニーをする様になっていました。

道具も山中の溜池のポンプ小屋に隠し、農作業の合間を見てオナニーを繰り返したんです。

毎日の様にオナニーをする日々を送っていると、刺激が欲しくなり私はローターを付けた状態で農作業を行う様になりました。

近所の男性が近くで草刈をしている中、私はマンコにローターを入れたまま彼と会話をするんです。

こんな事がバレたら大変な事になるに違いありません。

“ブ~ンブ~ン”と音が鳴る瞬間は心臓が飛び出しそうなんです。

相手にバレない事を祈りつつ、アソコは興奮で大洪水。

彼と別れ、アソコに思いっきりバイブを出し入れし逝きまくりながら、プチ反省を繰り返すんです。

こんな日々を送る私は、もう止められません。

いつかバレる日が来るかも・・・そう思いながらも、アソコを濡らし軽トラで山を目指す私です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!