自分を拘束して強制バイブオナニーやったら止められずに失神した・・[エッチ体験]

バイブをアソコに入れて、抜けないように下着で固定させ、さらにGパンを上から穿く。

そしてバイブが抜けないよう、ガムテープでグルグル巻いて、ベルト通しの所には紐をグルグル巻きつけてGパンをしっかり固定する。

コントローラーはもちろんズボンから出しとく。

ここからがポイントで、正座状態で各足ずつ足首から太ももにかけてガムテープを両足に巻いて固定し、足が伸びないようにする。

さらに、両足をガムテープで巻いて、足が開かないようにする。

ちょっと試したい人はここで、電源入れてみて。

悶えようにも足が固定されてあまり身悶えできないから。

んで、さらに限界を求める人、超Mな人は両手首にタオル巻いて、ちょうど手錠をしたように固定するの。

んで、紐で手が離れないようにしっかり結ぶ。
さらに、手に縛った紐をドアノブぎりぎりのところに結びつけるようにして、床に手が突かないようにするの。

この時点でコントローラはちゃんと持っててね。

手に自由が利かない事、バイブが抜けない事確認したら、スイッチをMAXにしてコントローラを放すと・・・。

誰かが止めるか、電池が切れるか、紐を切るまで延々と中で動きまくります。

拘束された状態なので、コントローラーはもちろん紐を切るためのハサミも取れないんで噛み切るしかないけど、感じ過ぎたらそんな余裕ありません。

私は、3回イッたのは覚えてるけど、何回か失神して正確な回数はよく分かりません。

1つ言えるのは、2回目イった時、

「ホントに誰か止めて!」

って泣きしました。

幸い手の縛りが甘かったのか、気付いた時には手が自由になってたので止める事ができましたが、ホントにおかしくなりそうなくらい快楽(地獄?)でした。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!