すぐには私の変態露出に気がつかないみたいです..[セックス体験]

金曜日に露出しました。

仕事の都合で午後から外出しました。

外出先は、いつもはあまり行く機会のなかった街です。

あらかじめ予定は決まっていたので、

帰りに露出してみようと思い、

露出ファッションを準備しました。

カフェカーテンと白いパンティです。

外出する時に、仕事の資料と一緒にカフェカーテンと

白いパンティもバッグに入れて会社を出ました。

仕事でも、私はミ二にノーパンです。

でも、決して見せたりはしませんよ。

自分の中だけでの秘密の露出?です。

ノーバンでも仕事はがんばります。

変態かもしれませんが、変態なのは時々露出しちゃうことだけで、

それ以外は、普通の女です。

タ方、仕事が終わって、外出先を出ました。

電車に少し乗って、大きな商業施設のあるエリアに来ました。

比較的新しい建物が多いので、監視カメラも多そうですが、カフェカーテン、どうしても、もう一度穿いてみたくて持ってきました。

エリアの中心にある最も大きい建物に入りました。

この建物がひとつの街みたいで、中央には大きな吹き抜けがあります。

その吹き抜けのまわりは建物の中が何階も見渡せて、それぞれの階にお店が沢山あります。

今日は時間的にもまだ早いので、人出はこれからでしょうか。

この時間帯は、道行く人の歩き方も速く、この商業施設に買い物や食事に来たというよりは、これからどこかに向かう人の方が多いみたいです。

建物の3階、人通りの少ない通路に面したトイレに入りました。

今日は、お店で応対してくれる店員さんに見ていただくのではなく、露出度の高い服で自然にお店を見てまわりたいです。

トイレで着ていた服を脱ぎます。

仕事の時に穿いていたミニ丈のアンバーカラーのタイト。

そして、穴あきのパンティストッキング。

これだけで、下半身はいやらしくなれます。

昨日、お風呂で毛を剃りました。

ブラウスは濃いききょうの花のような色です。

白い肌が引き立つ色です。

ああ、露出依存ですね。

連続です。

露出しないとダメです。

ノーパンで仕事をしている時も、考えはじめると実際にやってみたくなって、勝手に興奮してきちゃいます。

そういう時は、時々トイレであそこを拭きます。

今日は、あくまでも露出度が高いというだけなので、この前と同じように、まず、白いパンティを穿きます。

パンティは透けてないですよ。

この前、私の説明がわるくて、

「パンティが透けて見える」

をみなさんには、

「パンティが透けてあそこが見える」

といやらしく伝わったようで、本当は

「(ス力—トが透けてて)パンティが見える」

とお伝えしたかったです。

すいません。

次にカフェカーテンを出して、タイトスカートをとめていた細いベルトをカフェカーテンの通し穴に通します。

できたら腰にゆっくり巻いてみます。

バックルのある前の部分はどうしても3センチくらい隙間が開いてしまします。

これでいいかなあ。

ああ、とてもかわいい、でもエッチです。

白いバンティが少し少女趣味で、カフェカーテンに白に包まれて透けて見えます。

カフェカーテンもかわいいですよ。

裾の部分がフレアっぽくなっていて、全体にレ一スの模様があしらわれています。

これだけパンティが見えていると、どうでもいいかもしれませんが、カフェカーテン、丈も短くてお尻はきゅっとパンチラです。

靴もヒールを高めにしました。

白ですが少しゴールドがはいっています。

準備できたので個室の外に出ます。

今日はおまんこ見えてないので普通ですよね。

気にしないで外に出ます。

女の人が1人。

ロ紅をなおしています。

私を見て思わず少し身を引きます。

なんだか鏡の前をあけてくれたような感じになってしまいました。

ロ紅をなおしていたので途中でやめられないですよね。

ロ紅をなおしながら、鏡ごしに私を見ています。

もう1人、別な人が入ってきました。

洗面台の私に気付き、びっくりして目がとまっています。

顔をこちらに向けたまま、急いでいるのか、そのまま個室に入っていきました。

自分でも、ほんと変態って思います。

カフェカーテン、丈が27センチなので、極ミニです。

カーテン、広がって、かわいさを増してくれます。

前はスリットになっているし、後ろを映すと、後ろもカーテンが浮き上がって、コスプレの女の子のパンチラみたいです。

ああ、また別の人が入って来ました。

女友達の2人組です。

お化粧を直したいみたいです。

口紅をなおしていた人が、全然無視して出て行きました。

入れ替わりに2人がお化粧を直しはじめましたが、会話がありません。

ああ、私のことです。

足ががくがくしてきました。

妙な沈黙です。

私、バッグからイヤリングを出しました。

手が震えます。

指先が冷たくなって、心臓がドキドキしてます。

少し目立つシルバーのイヤリング、あわてないよう、ゆっくり付けました。

私、ピアスしていません。

「ぷふっ」

2人の内の1人が思わず笑います。

もう1人も手を口のところにもっていって笑いをこらえています。

ああ、同性から笑われてます。

変なんですね、やっぱり。

先ほど個室に入った人が出てきそうなので、もう行きます。

トイレから、ゆっくり外に出ます。

明るいです。

ああ、やっぱりはずかしい。

短いよお。

歩くとカーテンの切れ目が前にあるので、足がつけ根まで出ちゃって、隙間3センチじゃなくなっています。

パンティ穿いてるとはいえ、こんなに明るいところで、レースの極ミニです。

見せパンにしてますが、ほんとは普通のパンティなんですよ。

いつもは隠す下着ですけど、お見せできてうれしいです。

ああ、どうですか。

見てください。

男の人、向こうから来ます。

ああ、見てください。

ああ、急ぎ足ですが見てくれてます。

興奮します。

きれいなスカートでしょ。

透けててパンチラで、こういうファッションなんですよ。

「ばかやってんじゃねえよ」

びっくりしました。

後ろから急に女の人が、私を追い抜いていきました。

ああ、危険かな。

確かにお店の人に見られたら警備員さん呼ばれちゃうかな。

でも、もう少しだけ。

これじゃあ、時間短すぎて後で思い出してオナニーできない。

進んで行った先のエスカレータに乗って上にあがります。

さすがにエスカレータ周辺は人の流れが集まるので、視線が厳しいです。

「すごいわよあれ」

女の人の声。

男の人も見てくれています。

ああ、私、人ごみでエロスカートでパンチラ、パン透けです。

太もも、どうぞ見てください。

ああ、私の後ろに男の人が乗った感じです。

もう、わざと私の後ろに乗ったでしょ。

そんなに見たいですか。

パンティどうぞ見てください。

でも追っかけないで下さいね。

足がくがくです。

スカートとは言え、パンティだけで歩いているようなものですよね。

エスカレータが上に着きます。

ああ、次どうしよう。

男の人ついてきませんように。

なんとなく上のフロアを歩きます。

ああ、絶対ついてきてます。

どこか抜けられないかな。

わかんない。

調査不足。

私、思い切って振りかえり、そのままさっき上がってきたエスカレータを今度は下ります。

付いてこないでって意思表示ですよ。

エスカレータを転ばないように歩いて下ります。

対面で上がってくるお客さんが、見てます。

「なにあれ」

「見て、あれよ」

変態丸出しで恥ずかしいです。

下のフロアに下りました。

早歩きで通路を歩きます。

人がいますけど、そのまま進みます。

角を曲がってエレベータホールに入りました。

エレベータに乗らずに急いで横の階段を上ります。

ヒールで音をたてないように。

こういうときは上る方が安全なんです。

疲れますが、階段は誰もいません。

2階分上ります。

汗出てきました。

露出の時は、時々ピンチがあって、こんな恰好で、鬼ごっこかかくれんぼみたいになります。

2階上まで上がりました。

この階は高級飲食店が多くて、まだ人が少ないです。

そっと通路に出て、周りを見ます。

どこか、いい場所ないかな。

いっぱい見られて、もっと刺激欲しいです。

パンティも脱ぎたくなってきました。

ああ、もう、そう考えると、ほんとに脱ぎたいんです。

もっと下の階に行って脱いじゃおうかな。

ああ、脱ぎたいよお。

私、エレベータホールに戻ってエレベータに乗ります。

ここが最上階なので、来たエレベータで3階を押します。

バッグで前を隠してエレベータの隅っこに立ちます。

途中、何人か乗り降りがあって、3階です。

なんとなく今度は後ろを隠して降ります。

エレベータに乗り込んでくる中年女性のグループが

「わあ」

とか言ってます。

エレベータが閉まりながらも

「なんでしょ」

という声がします。

私はエレベータホールにとどまって、エレベータから下りてくる人をやりすごします。

人がいなくなったら、さらに階段で一つ下の2階へ下ります。

そこはデッキになっていて建物の外に出られます。

建物との境はガラス張りになっていて、建物の中からでも外が見えます。

建物の中には食事ができるお店があって、お店の出入口は建物の中にしかないので、好都合です。

あたりが薄暗くなってきてます。

植栽の周囲や、デッキの手すりの部分がライトで照らされています。

デッキには何人かの人がいますが、すぐには私の変態露出に気がつかないみたいです。

いい場所ないかな。

早く脱ぎたい。

少し進んだところに、いくつかの植栽の間で身を隠せそうな場所があります。

建物のガラスまでは5メートルくらい。

中から見えると思います。

カメラはわかりません。

ガラスの向こうに何人か人がいます。

男性もいますがカップルだと思います。

金曜日ですしね。

女性同士で来ていらっしゃる方もいます。

ああ、私は一人で露出です。

心臓どきどきです。

吐きそうなくらい緊張します。

ちらちら、こちらを見ている人もいます。

ああ、どうしよう。

脱ぎたいよう。

いつも、そうなんです。

今やらないと、あとはできないよって思っちゃうんです。

デッキを歩いている人を確認します。

人の流れからは、はずれています。

バッグを植栽の横に置きます。

仕事の書類も入っているので忘れないようにしなきゃ。

ああ、ここでいいですか。

ここで、晒しちゃうんですね。

私、お尻をお店の方に向けるようにして立ちます。

ああ、私、ほんとに露出が好きです。

脱ぎたくてしょうがないんです。

レースのカフェカーテン、前の隙間から両手でまくっていきます。

白いパンティが丸出しです。

ああ、私、今日も変態しちゃったね。

パンティに両手の親指をかけます。

もうちょっとで終わるからね。

私、そっとパンティをおろします。

ゆっくり、ひざを曲げないで、お尻をお店に向けたまま、足首まで下ろします。

足くびにパンティをかけたまま、まっすぐ立ちます。

いやらしい。

下着が足くびに絡んだ女です。

パンティ脱いじゃったよ。

変態だよ私。

透けてるんでしょ、スカート。

お尻すけすけ。

ああ、感じます。

露出の快感です。

パンティを足首からはずして、バッグに放り込みました。

丸まったパンティがバッグの口にのっかっています。

ああ、おまんこさわります。

ああ、いいですか。

そのままお店の方、向いちゃいますよ。

ああはあ、エッチな割れ目です。

見えますか。

昨日、剃りました。

しょりしょりの剃りたてまんこです。

見てますか。

お願い見て。

ああ、気が付いているみたい。

もう、だめですね。

行かなきゃ。

バッグを持って、このまま奥の方、デッキの端まで歩きます。

あまりゆっくりはまずいです。

ああ、でも、こんなすけすけで極エロミニのノーパンファッション、見たことありますか?ああ、ガラス越しに人が見てます。

少し急がないと。

興奮してます。

おまんこおさえながら歩きます。

ああ、私、いじってます。

人前でいじって歩いています。

露出狂なんです。

ああ、指、中にはいっちゃう。

ああ、もう、あぶないです。

デッキの端の階段を下ります。

足がもつれます。

ヒールの音がしちゃって。

他の人の音が聞き取れません。

階段の途中で立ち止まります。

下は車の道なので人は歩いていないみたいです。

急いでタイトスカートを出して、それからカーテン脱いで、タイトスカート穿きます。

こんなところで着替えるしかないです。

人が来なくてよかった。

タイトスカートとカーテン、少し汚れたかもしれませんが、あとで見るしかありません。

汗だくだくです。

パンティ途中で落としてないですよね。

バッグの中を確認しました。

仕事の資料もありました。

大丈夫です。

のど渇きました。

途中、飲み物を飲みました。

少しお店見ようとしましたが、トイレでオナニーの方がよくてオナニーしました。

ぼろぼろです。

家に帰りました。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!