彼女は私にそっとキスをして私の乳首に口を付け軽くかんできました[セックス体験]

県内の私立の女子校で講師をしています。

私も女子校出身なんですが女子校って独特の世界があって、

自分も経験あるんですが

かっこいい先輩や女の先生に憧れる子ってけっこう多いんですよね。

私の生徒に、高1の「萌」って女の子がいました。

この子が、私のことを好きというか

女の子なのに変わってて、

おっぱいフェチって言うか

女の人のおっぱいを触ると落ちつくそうで

いつも私のおっぱいを触ってきました。

私が吹奏楽部の顧問をしてて、

萌は同じ楽器と言うこともあり仲良くなくなりました。

うちの部はけっこう県下でも有名で

春と夏には学校の合宿所で合宿をしました。

彼女は二人きりの練習になると必ず1回は私の胸を触ってきて

「先生のおっぱい大きくて、柔らかい、うらやましいなぁ」

「どうしたら、私も先生みたいになれるかな?」

って、いつも言っていました。

彼女、私が好きと言うより、

私のおっぱいが好きみたいです(笑)

まあ、私はEカップなので

彼女のBカップの胸と比べたらね・・・

一度合宿の時に、生徒が全員入ったあとに、

一人でお風呂に入ってたら、

一度は入ったはずの彼女がもう一度入ってきました。

「先生、一緒に入っていい?」

そう言うと下着を外して入ってきました。

まだ、幼〇体型で、

Bカップと言ってた胸は少女のそれでした。

「えっ、いいよ、また汗かいたの?入っておいでよ」

私の近くに寄ってきて

「先生のおっぱい初めて見たけど、やっぱすごいな~」

「さすがEカップだな~」

私もまんざらじゃなかったので

「へへぇ~、うらやましい? 生で触ってみる?」

「やったぁ、いいの?」

そういいながら、前から両手で揉みました、

しばらくすると後に回って、

後から私の胸を持ち上げながら

「重い~、すごい~」

そして、片手で自分のおっぱいを触りながら

私のと比べだしたので

「じゃあ、いいことしてあげよっか?」

と言って、私の前に回らせて、

わたしのおっぱいと彼女のおっぱいをくっつけてやりました。

「きゃあっ!」

って声を上げたけどすごく嬉しそうでした。

「どう?気持ちいいでしょ?」

「うん。むっちゃ柔らかくて気持ちいい。」

「萌のおっぱい、かわいいよ」

「でも、小さくて恥ずかしいな~」

「そうだね、もうちょっと大きくなったら、こうやってくっつけてももっと気持ちいいんだよ」

そう言って誰もいないのを見計らって

彼女にキスをしてあげました。

真っ赤になってうつむいた彼女にちょっといたずら心がわいて

「目をつむってごらん」

と言って彼女のきれいなピンク色の乳首にそって口を付けて、

軽くすってあげました。

彼女はびくんとして、深いと息を吐きました。

そして、私は非常勤で1年契約だったので

そのあと、しばらくして学校を離れました。

私は実家のある別の県にもどり、

彼女とは会えなくなりました。

それからもラインや電話のやりとりは続いてたんですが、

会うことはなく2年後彼女が大学に合格したというので

久々に会うことにしたんです。

ホテル代がもったいないので

わたしのマンションに泊まることにしました。

2年ぶりに会う彼女は、

見違えるように大人ぽくなり、

きれいになってました。

背も伸びたみたいです。

しばらく昔話に花が咲き少しお酒も飲み、

いい気持ちになりました。

彼女が2年前の合宿の話をし出してすると

お酒も入っていたのか彼女は

「先生、覚えてますか?」

って言いながら、服を脱ぎはじめました。

ショーツとブラだけの姿になってびっくりしました。

2年前の彼女の身体を鮮明に覚えてるのですが

その身体とは別人のような、

女の身体が目の前にあります。

「先生も脱いで」

少し躊躇しましたが彼女の思いにつられて私も、服を脱ぎます。

「先生、会いたかった」

「私の身体を見て欲しかったの」

「そして、もう一度先生の身体を感じたかったの」

下着になった時点で感じてたんですが彼女の胸のふくらみ。

腰のくびれ、お尻の張り・・・

19歳のはちきれそうな、

瑞々しいボディに圧倒されました。

彼女は自ら、大人っぽい濃紺のブラを外しました。

あの時の透き通るようなピンクの乳首はそのままですが

胸のふくらみは、全くあの頃と違っていました。

「すごい・・・」思わず声が出ました。

大きく張り出し、形よく整ったおっぱいは、

まったく垂れてなくてこちらに向かってくるようです。

「どう?おおきくなったでしょう?」

「えっ、ええ・・・」

「先生もブラ外して、私が外してあげる」

そう言いながら、

前から手を回して器用に私のブラを外します。

そのとき彼女の胸が私の胸を圧迫してすごい圧力を感じました。

ブラを外されたとき、思わず胸を隠してしまいました。

「先生、なに恥ずかしがってるの?」

「先生のおっぱい見せて」

そう言いながら半ば強引に私の手をのかせました。

「あの時のままだ、先生のおっぱい。うれしい」

2年前は私がリードしたのに今は、

完全に彼女に圧倒されて、

彼女のペースに乗せられていきます。

2年前私がしたように彼女は、

私の胸に自分のおっぱいを重ねてきます。

2年前子ども扱いした彼女の胸に

私のおっぱいが押しつぶされてすごく恥ずかしい気分です。

そして彼女は私にそっとキスをして私の乳首に口を付け、

軽くかんできました。

電気が走ったように、身体が硬直していきます。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!