ブルマーの内股をくぐってマンスジにじかに触れて・・[エッチ体験談]

学生時代、後ろから男子の頭に制服のスカートを被せるという

いたずらが流行っていた。

むろん女子はブルマー着用なのだが。

被せられると、恥ずかしいので出ようとするが

女子がスカートを押さえているのと

慌てているのとでなかなか出る事が出来ない。

それを見て女子連中が笑って冷やかす、

と言うたわいもない遊びだったのだが。

だんだんと慣れてくると、そう慌てる事も無くなり、

夏服のスカートの中の薄暗がりを観察する余裕すら出てきた訳だ。

ブルマーのシルエットやその上に見える臍、

それに太股などをじっくり観察出来た。

男子が慣れてくるに従い、

女子も面白く無くなったのか次第にそのいたずらはやらなくなっていった。

が、しつこく俺にやり続ける女子がひとりいた。

その娘の名前をアンナとしよう。

アンナの下半身(もちろんブルマ姿だが)は

さんざん見尽くしていたのでいい加減ウザったくなっていた。

そこで、触ってやれば止めるようになるんじゃないかと思い、

手でアンナの脇腹を思い切りくすぐってやった。

「きゃっ!ははははっやっやめっ」

悶えるのでブルマが顔に当たるが、

気にせずにくすぐり続けてやった。

堪えられなくなったアンナは暴れつつ

俺から離れてそばの椅子に腰掛けてはぁはぁ息をしていた。

俺はこれでもうされる事は無いだろうと

安堵と共に少しの寂しさを感じていたのであった。

が。

見ていた女子に「スケベー」などとからかわれたものの

しばらくは安泰な日々が続いていた。

ある放課後、図書館に寄った後、教室に戻って帰り支度をしていると

バサッ・・・という音と共にまたもやスカートが被せられた。

「懲りない奴」と、またくすぐってやろうと思い、脇腹に手を当てたのだが

周りに人がいない事、アンナとは仲が良い事もあり、

きっと魔が差したんだろう

その手を下に動かしてブルマーを触ってしまった。

ビクッと動いたが嫌がって

離れようとはしないのに安心して尻に手をまわした。

「やっ」だか「んっ」だか小さい声をあげたようだったが、

尻の柔らかい感触に夢中になってしまった。

しばらくは尻の感触に酔いしれていたが、

さすがにここはやばいだろう、と思いつつも、誘惑に負け

おそるおそる手を股間に持っていった。

そこに触るとアンナの身体が跳ねたように震えた。

ブルマ越しとはいえ、初めて触るそこは暖かく、柔らかかった。

1分ほど手を添えていただけだったが、手を動かそうそすると

ぱっと飛び退かれ、真っ赤な顔で

「もうっまた今度ね」と言って走り去られてしまった。

俺はしばらく手の感触が消えずにぼーっとしていた。

「また今度ね」このフレーズだけが頭をまわっていた。

翌日、手に残ったアンナ股間の感触で

オナニーをしすぎてぼうっとしたまま学校に行った。

アンナは目が合うと恥ずかしそうにそらしてほとんど口はきかなかった。

その日はアンナを見ただけで勃起して歩くのに苦労した。

もう一度アンナのブルマに触りたくて

教室に残っているとアンナも帰ろうとせず、

誰もいなくなるのを待ってわ

ざとアンナに背中を向けると

アンナは期待通りバサッとスカートを被せてきた。

「きゃっ・・」

すぐに振り向いてスカートに頭を突っ込んだままアンナを捕まえた。

そのままアンナの腰を抱えるように抱いてブルマの上から尻を触った。

あまり肉付きは良くないが、柔らかくてとても気持ちよかった。

手を前に回して割れ目を触ると

昨日と同じ暖かくて柔らかい割れ目の肉をブルマ越しに感じた。

そのまま内腿の間から指を入れるとさすがにアンナは逃げようとした。

少し揉みあっていたが、アンナを教室の隅に追い詰めた。

アンナは俺の手から逃げようとしゃがみこんだので、

立てた膝の間からブルマーと太腿がはっきりと見えた。

アンナは膝を抱えて顔を両手で隠していた。

スカートに手を入れようとすると

アンナはぺちゃんこ座りになって隠そうとした。

そのまま無理やり両膝の間に手を差し入れてブルマーに触った。

内腿に両手は挟まれていたが、柔らかい割れ目の肉を触る事が出来た。

両手で股間を隠そうとするので横から抱くようにして体を押さえた。

片手は俺が押さえていたが何とか反対側のマンスジを護ろうとしていた。

俺の指は既にブルマーの内股をくぐってアンナのマンスジにじかに触れていた。

少し汗ばんだマンスジはくっきりして

マン肉はとても柔らかくて乾いた指に張り付いた。

無理やり指を動かすと少し痛そうだった。

指を更に進めると口の中のように湿った部分に触れた。

揉むように指先を動かすとくにゃくにゃした

襞のような物の中心にぬるぬるした部分が有った。

そこが例の場所だ、と直感的に分かったのでそのまま指を押し込んだ。

「い、痛いよ・・・」

アンナは鳴きそうな声で訴えたが

俺の指はアンナの体の中に潜り込んで行った。

唇のようにぶよぶよした部分を通り過ぎると、

温かくてぬるぬるしたアンナの体の中を感じた。

上あごの内側のような少し張りの有る襞が

全体を取り巻いていて指に絡み付いてきた。

ふと顔を上げるとアンナは困ったような泣きそうな顔をしていた。

我に返ったようにアンナは俺を突き飛ばして逃げようとした。

しかし一度立ち上がったが、腰が抜けたように

そのままぺたんと座り込んだ。

俺が手を貸そうとすると

いやいやをするように俺の手を振り払って泣き出した。

しばらくぐすぐすとアンナが鼻をすすっていたので

俺はしゃがんで後ろからアンナを抱きしめた。

アンナはビクッとしたが、

あきらめたようにもう逃げなかった。

「ごめん。痛くした?」

アンナは黙ったままうなずいた。

俺が立ち上がると、アンナも立とうとした。

手を差し出すとアンナは素直に俺の

手に捕まって立ち上がった。

アンナが立ち上がる時にさっき俺が触って

指を潜り込ませたブルマーが見えた。もちろんその中には暖かくて

ぬるぬるしたアンナの体が隠されている。

俺は無意識にアンナに差し入れた指の匂いをかいだ。

「・・・やっぱり気持ち悪いよね。」

アンナはうつむいて言った。

「気持ち悪くないよ。アンナに気持ち悪い所なんか無いよ。」

俺がそう言うとアンナは恥ずかしそうに微笑んだ。

アンナに近付いて抱き寄せるとアンナは目を伏せたまま顔をそむけた。

俺はアンナのほほに手を掛けてこちらを向かせて唇を寄せた。

唇が重なるとアンナが震えているのが分かった。多分俺も震えていただろう。

唇はすぐに離したがしばらく温かいアンナの体を抱いていた。

かなり長い間そうしていたが急に恥ずかしくなって離れた。

アンナはスカートの上からマンスジを撫でていた。

俺が乱暴に触ったので痛かったのだろう。

黙ったまま並んで学校を出た。

「また今度ね」

そういって分かれた。

また今度、続きをしたい。

たぶんアンナもそれを許したくれたのだろう


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!