「大きいと言っていたものが入っているよ」と言葉攻めをしながら・・ [セックス体験談]

昨年の9月、5年ほど前に卒業した高校から

「学校に寄付をした方を文化祭に招待します」

という内容で招待状が郵送されてきた。

見に覚えがない俺は親に「高校から招待状が来たんだが…」と話すと母親が

「あんたの名前で寄付をした」との返事があり、

ちょうど仕事が休みだった俺は文化祭に行ってみる事にした。

俺が卒業した高校の文化祭は9月の第3金曜日と土曜日の2日間あり、

1日目は学校関係者(PTAなど)と招待者だけが出入りでき、

2日目に一般公開となっていた。

高校の正門に行くと俺が在校中にもあった受付があり、

招待状を受付にいる生徒に見せると「こちらにどうぞ」と

正門から一番近い会議室に連れて行かれた。

会議室には数人の招待者がいて、いろいろ生徒と話をしていた。

少しすると俺のところにも生徒が来て「今日は来て頂きありがとうございます。

本日は在校生がガイド役になって文化祭の出し物やイベントの説明をしたりします。

この写真の中からガイド役の在校生を選んでください」と説明された。

俺は2年生の「ほしのあき」に似たSという女子高生を選んだ。
少しするとSが会議室に来てお互いに自己紹介をして校内を一緒に歩くことにした。

Sに「いつまで一緒にいれるの?」と聞くと

「Mさん(俺)が学校を出るまでです」と答えた。

俺は校内のことは大まかに分かっていたので

最初は出し物やイベントの紹介をしてもらう事にして

体育館での吹奏楽の演奏を聞きに行ったり、

グラウンドで生徒が運営している店を見に行ったりした。

その後、学食を食べに食堂に行き、食事をして校舎内を見てまわることにした。

公舎内ではクラスごとの出し物などがあり、Sといろいろ話をしながら歩いた。

一通り見終わるとSから「Mさん、これからは有料ですが特別なサービスがあります。

こちらにどうぞ」と普段はあまり使われない教室に連れて行かれた。

以前は使っていたと思うのだが

少子化などで使われなくなった教室や部屋が出てきていることは知っていた。

教室に行き「有料の特別なサービスってなに?」と聞くと

「学校に寄付をしてくれた方に在校生が格安でHなサービスをします。

料金はサービスの内容で変わります。

時間は3時間で1,000円で手コキとフェラ、3,000円で本番までできます。

サービス中は自由に私の身体を自由に触ったりしていいです」と説明された。

「制服は脱ぐの?」と聞くと「ご希望であれば脱ぎます」と答えた。

俺は3,000円をSに渡し、本番までのサービスを受けることにした。

最初は椅子に座って話をしながら俺は太ももを触ったり

服の上から胸を触ったりして、Sもズボンの上からチ○チンの部分を触ったりした。

Sの胸は意外に大きく、胸のサイズを聞くと「90のEカップ」と言った。

少ししてSの制服の上着のボタンを外し、

手を入れてブラの隙間から指を入れて直接胸を触ったりすると

「ア…ン…」と声を上げるようになった。

俺はチ○チンが半立ち状態になると

ズボンとトランクスを脱いでSに直接触ってもらい、完全に勃起状態になった。

Sは「大きい…」といいながら床にひざ間ついて

椅子に座ったままの俺のチ○チンをフェラしはじめた。

フェラは気持ちよく、少しするといきそうになって「いきそう…」と言った。

しかしSはそのままフェラを続けたために俺は口の中に精子を出していってしまった。

Sは精子をティッシュに出して「すごい…大きくていっぱい出た…」と言った。

まだ時間があるので今度は俺がSの身体を自由に触ったり舐めたりすることにした。

最初、Sは制服を脱ごうとしたが、俺が「脱がなくていい」

と言って机を並べ替えてベッド状にして机の上で最初はブラのホックを外し、

胸を触り始めた。

少しして旨を舐め始め、右手をスカートの中に入れて

ショーツの上からオマ○コの上と思われる部分を触ったりした。

ショーツは少し湿っていて、Sは目をつぶって

「アン…ア…ン…」と声を漏らしていた。

次にショーツの横から指を入れようとすると

「ちょっと待って…」と言いショーツを脱いだ。

あとから考えるとどうもショーツが傷むのが嫌でショーツを脱いだと思った。

オ○ンコを直接触ると、完全に濡れていて、

指を少し入れると指に突起物が当たり、

Sが「アアン…」と少し大きい声を上げた。

すぐにクリと分かり、「気持ちいいの?」と聞くと

「ウン」とうなずき、

「もっと気持ちよくしてあげる」と言って俺はオ○ンコを舐め始めた。

Sは「いや…恥ずかしい…」と言って拒否をしようとしたが、

舐め始めると「アン…すごい…アアア…」と声を上げた。

途中、舐めながら指をオ○ンコの奥に入れたりしていると

「いちゃう…いく…アア…」と言って身体を痙攣させた後、力が抜けた。

そのごろには俺のチ○チンは復帰して勃起状態になり、

Sに触らせると「本番…しようか…」

と言いながらSが持っていたポーチの中からコンドームを出してチ○チンにつけた。

もう1度、俺がオ○ンコ少し舐めて濡らし、

Sがまた声を出し始めた時に体制を替えて正上位でチ○チンをオ○ンコに入れた。

Sはチ○チンが入る時、「アアア…入るのが分かる…」と言い、

全部入ると「アン…すごい…」と言いながら身体を少し痙攣させた。

俺はSに「大きいと言っていたものが入っているよ」

と言葉攻めをしながらゆっくりと動き始めた。

Sは「アン…ア…ン…」と声を上げながら身体が反応して動いていた。

途中、Sは身体を少し痙攣させながら「ア…ダメ…」と言ったりした。

俺は最初に1度いったせいかなかなかいかず、Sに上(騎乗位)になってもらったりした。

最後にまた正上位になると俺がいきそうになり

「いきそうだよ」と言うと「私も…一緒に…」と抱きついてきた。

最後に思いっきり腰を動かして俺がいくとSも身体を痙攣させていった。

終わってからまだ15分ほど時間が残っていたのでその間、

Sの胸や身体を触ったり舐めたりして時間を潰した。

時間になり、特別なサービスが終わると

お互いに服をなおして教室から出て俺は帰った。

次の日、文化祭の2日目に行くとSもいて俺に気付き、

俺のところに来て「Mさん、今日も来たんですね」と言った。

俺は「昨日のSちゃんとのことが忘れられなくて」と言うと

「嬉しい」と言って腕をつかんできた。

この日は一般の人もいたのだが、また一緒にまわってくれた。

そして一通り回った後、Sが「本当は今日はしないんだけど特別に…」

と言って前日に使用した教室に行って無料で前日と同じように本番をした。

この後、Sが「また来年も来てくれますか?」と聞いてきた。

俺は「また来るよ」と答えて帰った。

俺は今年、また招待状が来るのを待っている。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!