「イクゾ!イクゾ!」と男が言うと 「アアア~!」と女性が今度は泣き声を上げます [エッチな話まとめ]

去年の夏休みです。

夜中に冷蔵庫の水のペットボトルが空になった私は

マンションから数分のコンビニに行くことにしました。

ダラダラとコンビニで立ち読みしたり

新発売のおやつをチェックしてコンビニをでました。

コンビニの周り=私のマンションの周りは雑居ビルが多く

夜中は人通りがありません。

数メートル歩くと何やら

犬の鳴き声のようなけたたましい声がしました。

たまにノラ猫はでますが犬は珍しい

どこかな?と

鳴き声の出どころを探し回りました。

しばらく鳴き声の出どころを探すと、

雑居ビルの方からでした。

そこの雑居ビルは、地下に飲食店街があり

地下だけは外部の階段から行けるようになっています。
螺旋階段の脇は吹き抜け状になっており

地上から地下を見下ろせます。

地下には広いホールがあり

そのホールの奥に飲食店が連なっている所です。

鳴き声はその地下から聞こえて来ました

「キャワーン!」

そんなけたたましい声です。

どうしたんだろう?

そう思いつつ、地上から

その地下のホールを覗き込みました。

地下の飲食店はもう閉店していて、

階段へ降りるシャッターは閉じています

灯りも薄暗くなっていましたが、

その薄暗いホールでうごめくものがあります。

声もそれが発していました。

「キャアアン!アアアン!」

目を凝らすと、

それは床に寝かされた女性でした。

白いブラウスが完全に左右にはだけて

おっぱいが露出しています。

女性を押さえて、

おっぱいを乱暴に揉んでいる男も見えました。

Tシャツにジーンズの若者風です。

よく見ると、女性の紺色の

スカートもたくし上げられていて

パンティもはいていません。

女性は

「アアン!アアン!」

と泣き声を上げていて

「静かにしろよ!」

と男に言われます。

ガクガクと震える私は声が出ず、

仕方なく何か上から

投げつけられるものを探しました。

男は女性の股を大きく開いています。

女性の薄い陰毛がよく見えて

足首には多分パンティストッキングが

巻きついています。

男は女の人の腰を持ち上げて

ぴちゃぴちゃと舐めはじめました

泣きながらイヤイヤと首を振る女性

そして男は、カチャカチャと

自分のズボンのベルトを外しはじめました!

私は、近くの駐車場まで

ヨタヨタ走り三角コーンを抱えて戻りました。

男がズボンから取り出したペニスを握り

女性の股関に擦り付けています。

助けなきゃ!ヤラレル!そう思う間に

ペニスが女性の中にと入ってしまいました。

「アアン~」

そう泣いた女性の声には…

さっきの鳴き声にはない甘やかさがある気がして

私は三角コーンの投げ入れを

一瞬躊躇しました。

三角コーンを握りしめたまま凝視する私に気がつかず

男は女性の腰を抱えたまま

これ見よがしな激しいピストンでSEXしています

ペニスが凄いスピードで

女性のおまんこから見え隠れして

男の腰が女性の内股に当たるパンパンと言う音と

女性のもはや喘ぎ声に変わった甘い声が響きます

私は微動だにできず見ていると

やがて男は耐えきれなくなったらしく

「ハアッ!ハアッ!出すぞ!」

と終わりを告げます。

「お願い!中はヤメテ!」

そんな女性の訴えむなしく

男は女性をピッタリと抱きしめたまま腰を沈めて

中出ししてしまったようでした

「おおう!おおう!」

と雄叫びを上げます

パンパンと言う音が激しさを増して

「イクゾ!イクゾ!」

と男が言うと

「アアア~!」

と女性が今度は泣き声を上げます

男は女性の中で果てて、

ブルブルッと武者震いのような動きをしました。

「悪かったな」

そう言いつつ身体を起こした男は

気配に気がついたのかこっちを見上げました!

ヤバい!

咄嗟に思った私は、

三角コーンを投げつけて

ダッシュで自分のマンションに逃げ帰りました

翌日、考えた挙げ句近くの交番に

目撃談を届けましたが

被害届は出ていないようでした。

でもやはり、のぞいてないで

何かアクションをすれば良かったと反省してます。

これで私のSEX目撃談は終わりです。

あれ以来、夜中にフラフラと

自主パトロールに出てしまう自分がいます。

あの男の顔は覚えています。

会ったら今度こそ

三角コーンをぶつけてやりたいです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする