浮浪者の精液が残る股間を指でまさぐりまた絶頂のオナニーで果てました [セックス体験]

もう2年前のことになったので、言っちゃいます。

そのころ、けっこうH好きで、

今風の扱いやすい若い男のコとかと軽く遊んではいたけど、

あんな体験はもう一生ないと思います。

便利だけど物足りないHで流してた感じだったので、

ある日ネットHフレとプレイすることに決めました。

結構勇気いったけど、気にいらなければ逃げちゃえ、って感じで。

場所は田舎の公園、夜中で街頭が一つあるだけで、

民家まではかなり距離がありました。

彼はブランコを上のバーにかけて、

私を全裸にして、マイルーラーをつけさせました。

生で、こんなところですることに、正直いって興奮してました。

でもそれだけじゃありませんでした。

ブランコの足に手足を結ばれて、開いた体を丹念に愛撫したあと、

かれは私の口の中いっぱいにハンカチを押し込みさる●つわしました。
舌が押し付けられて、こもった声しかだせないくらいに。

そして、彼はトイレの中に入りました。

なに?っと思っていると、

トイレから彼ではない男が出てきました。

太った感じでノソノソとした男を街灯の灯りで見たとき、

それが浮浪者であることがすぐわかりました。

なぜなら、彼とのメールで、

そういう男に自分の綺麗な体を陵辱されてみたい、

という願望を書いていたから。

体中が硬直しました。

犯される・・・浮浪者に・・。

私は夢中で「嫌。やめて」

と訴えましたが、まったく言葉にもなりません。

どういえば想像してもらえるでしょうか。

よく新宿あたりでボロきれのような服で、

臭くて、ぶよぶよしてて頭の弱そうな男・・。

その男が、全裸で近づいてきました。

髭モジャで、顔もよくわかりません。

その手が万歳状態の私の胸に触りました。

夢中で叫んでも、うめき声にしかなりません。

浮浪者は、ぶよぶよの体をのっそり動かしながら、

私の細身の裸身を撫で回し、おー、うー

と言葉になっていない声を発して、

わたしの体をなめまわしました。

私はその臭い体に悪寒を走らせ、

のけぞり抵抗してもなんの足しにもなりませんでした。

浮浪者のよだれと、

まだらに見えるほどの垢まみれの体が、

私の両足の間に入ったとき、

マイルーラーの意味がわかりました。

この頭の弱い浮浪者に、外出しなどできるはずもありません。

つまり、近づくのも嫌な汚い浮浪者に、私は中まで犯される・・。

頭の中がぐらぐらしていると、股間に熱い感覚を覚えました。

意外なほど固く太いものが、ずぶずぶと入ってきました。

たぶん、風呂になど入ったこともないようなモノで、

私の中はいっぱいになりました。

あとはよく覚えていないません。

ただ、臭いにおいと、

浮浪者の動物のようなうめき声だけが記憶にあります。

公園には、浮浪者と私のうめき声、

そしてかすかに、グッチュグッチュという汚い音が小さく響き続けました。

思い切っていってしまえば、その間に2〜3度イッたと思います。

あまりの興奮に、回数は覚えてません。

そして、私の奥には精液が噴出されました。

重い体が覆い被さって終わりました。

そのままの状態で、

彼が近ずいてきて私の猿轡とハンカチをとり、

巨大なモノを口の中に差し込んできました。

異常な光景である認識はありましたが、

精魂尽き果てた私は、なすがままでした。

私の口の中に大量の射精をした彼は、

浮浪者を剥ぎ取り、トイレに追いやりました。

犯された体にコートだけ羽織り、部屋についたのは朝4時頃。

そのままソファーで眠りこけ、目覚めは昼過ぎ。

夢だったのかとか思いつつも、

コートに全裸の自分を呆然と眺めながら、

その光景が蘇りました。

全裸で姿見の前に胡座をかいて座りマイルーラーを取り出しました。

鏡に映った体を眺め、取り出しでまだ濡れている股間をまさぐり、

汚らしく犯された体を愛撫しながら、

まだ浮浪者の精液が残る股間を指でまさぐり、

また絶頂のオナニーで果てました。

それからシャワーを浴びましたが、

この一年半、その体験を思い浮かべただけで絶頂のオナニーばかりです。

彼とはその後あってませんが、もしまた会ったら、

今度は縛られなくても、

自分からお尻を差し出しそうで怖いくらいです。

でも、別れ際に言われた

「綺麗な体が獣に犯されてイク姿がすごかったよ」といわれた言葉に、

またしてほしいように思っているこのごろです。

今度は、犬とやれといわれてもやってしましそうですが、

あの興奮と絶頂はわすれられません


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする