キスを求めると、髪をかき上げながら応じてくれました [セックス体験談]

6月上旬にギックリ腰で10日ほど入院しました。
いやぁ、大変でしたよ。

日増しに体中痛くなって、腰以外でも首は回らなくなるし、
腕は上がらなくなるし、膝、足首は神経痛が出てきて、
まさに「寝返りも打てない」状況でした。

でも、ほかの部分は元気なんですよねぇw

ひーひー言いながら、
タバコ吸いに喫煙室まで歩行器使って行ったりしてました。

退院まで、何度か風呂の機会がありました。

上体をどこかで支持していないと何ともならないので、
ヘルパーさんに介助していただかないと入浴は困難でした。
1度目の入浴はまったく余裕なく、
まさに「なすがまま」「きゅうりがパパ」状態で、
とにかく「汗を流したい」「手伝ってもらってありがとう」
以外の気持ちはありませんでした。

本当に脱ぐのも大変だったです。

…ちょっと…かなり…タイプの妙齢のお姉さんで、
元気ならアタックしてました。

残念ながら、そこまでの余裕はありませんでした。

「前のほうは自分で洗いますか?」お姉さん
「…はい」自分

今を思えば、惜しいことをしたものだと思います。

その翌々日、
2度目の入浴は、じつのところ結構の余裕がありました。

時間が来て呼ばれたので行ってみると、
なんと1度目と同じヘルパーさんです。

「痛いょ~」などなど少し甘えてみました。

ひーひー言いながら脱衣して着座。

シャワーの温度を確認して、足先、手先からかけていきます。

タオルで泡を立て、
手際よく上体のほうから洗っていってくれます。

ここで、思わぬ妄想をしてしまい愚息が頭をもたげます。

気がついたと思いますが、何も言いません。

いたずら心で、胸に手を伸ばしてみました。

「こ~らっ!いらんことせん!」と怒られてしまいます。

防水エプロンのゴワゴワした感触越しの、
柔らかい感触が手に残りました。

せっかくですので、タイミングをみて
抱きかかえるようにお尻を触ってみます。

こちらは防水布は回っていないので、
ふくよかなお尻をショーツが包み込んでいる様子が手にとって分かります。

ついでに、ショーツのラインもたどっておきました。

「もぉ~!ダメだって!」また怒られてしまいました。

今度は、目線の高さまでしゃがんで真顔で怒られました。

なんか、衝動的にヘルパーさんを抱き寄せてキスしてしまいました。
少し離して…角度を変えてもう1度キス。今度は少しディープ。

あさっての方向に出続けているシャワーの音が響きます。

防水エプロンが素肌に触れる感触に妙な興奮を覚えながら、
お互いの手指は頭から首筋、背中から臀部へとカーブを描きます。

しばしの抱擁のあと、ふと離れます。

「これ…」
恥ずかしくも、怒張した愚息を指さしました。

「…あららwしょうがないわねw」
「手袋あったら気持ち悪いよね。」

スルッとビニール手袋をとって、
やさしく愚息を触ってくれました。

玉袋から肛門付近、竿もサワサワと触りつつ。

こちらからキスを求めると、髪をかき上げながら応じてくれました。

「もっとキスしてよ?」甘えてみます。
「ん…」

程なく、白濁液を放出しました。
いやぁ溜まってるのなんの。

「内緒だよ」お姉さん
「な・い・しょ」自分

お互い、口に人差し指を当て確認しました。

ひーひー言いながら脱衣場へ移動。

体を拭いてもらいながら、目線が合ったら時々キス。

一通り、身支度をしてもらって
廊下で歩行器をあてがってもらってから、
努めて明るい声で「お世話になりました。」と一言。

「お大事に。」とお姉さん。

その後、廊下ですれ違っても軽く会釈をするぐらいでした。

症状も軽快し、自宅療養となりました。
今では、日常に復帰しています。

なんか、ヘルパーのお姉さん…好きになってしまいました。
でも、どうにもならない。。。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする