Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

もっと強くよ‥アァアァイィイィ‥もっと奥突いて・・・・[エッチ体験談]

隣りの席に俺の同級生が居ます。
キャシャで気の弱い智史は中学の頃からパシりでした。
高校は別に成りましたが俺とは仲がよくて。
バイクで良くつるんでました。
それが高3に成ると急に付き合いが悪く成りました。
他の仲間とつるんんでましたがある日、なぜか皆が都合悪く俺のバイクの調子も悪く、バイク屋にバイクを預けて自転車を借り昼過ぎに家に帰りました。

林と畑に囲まれ、隣りの智史の家と俺の家は200m程離れ、周りに家は無い家の前までくると、家の中から悲鳴とも呻きともつかない母の声がしてました。

母はパートに行ってるはず!おっかなビックリで家の中に入りました。
声は親の寝床から聞こえて来ました。
母が誰かに殺されそうに成ってるのでは?恐る恐る寝床の襖を開けて見ました。

そこに見た光景は‥!丸裸の母が四つん這いに成りあのキャシャな智史がこれ又丸裸で、母の腰を引き着けるように母を突いてました!
時々親父とやってる声は聞こえる事は有りましたが、そんな物では有りません!

「アァアァ智史ちゃんもっと強くよ‥アァアァイィイィ‥もっと奥突いてア~ァアァそこそこよ‥」
「ここ?‥ここが良いの?」
「イィ‥そこよ‥奥まで突かれてる‥ア~ァ智史ちゃん‥」

布団の周りにはティッシュがクシャクシャに成り何個が散らばってました。
「智史ちゃん‥今度はまた前から‥」
抜いた智史のチンポの大きさにビックリしました!俺の倍は有りました。

母が仰向けに成りさも当たり前のように股を広げると生チンポを母にズボっ!腰を振る智史に母は脚を絡め背中に抱きつき呻くは喘ぐは!「アァァイグ‥」智史に逝かされたようで、母はぐううと呻いて痙攣してました。

少しすると母が腰を動かし始め智史はまた突き始めました。
またも喘ぐ母!
「出ちゃいそう‥」と智史。

すると母は「まだよ‥まだ出しちゃダメよ‥我慢して‥もう少しよ‥」とか言ってやがりました。
母が智史にぶら下がるように逝くと智史は母を乱暴に突き「アァァ出る‥また出るよ‥」母の中で射精したようでした。

母の力が尽きのか?力が緩み腰が下がると、母のおまんこから智史のチンポが抜けおまんこから布団にダラダラと智史の精液が流れ出してました。

母が絡めてた脚と手を離すと、智史は母の脇に仰向けに寝転がって母とハア~ハア~言ってました。
我慢してと言われ我慢出来る智史も凄い!俺なら我慢出来無いな。

ティッシュに手を伸ばし股を拭いては布団脇にポイッと又拭いてはポイッ!
嬉しそうに母は「まだこんなに出して(笑)」萎えてるのにデカい智史のチンポ!
股を拭いたかと思うと母は智史のフニャチンポを掴み上げ頭と背中で見え無かったけど母の頭が揺れてシャブリ出したようでした!智史は黙って天井を見てました。

多分5分もしないで母は起き上がると智史を跨ぎチンポを掴み上げました!もう智史のチンポは勃起してました。

母は智史のチンポを入れると智史の上に座り「アッァ~‥智史ちゃん気持ち良いよ‥」と尻をクネらせ始めました。
これ以上見てられ無くてコッソリ家を出ました。

その時、母はまだ40過ぎ!中に出して大丈夫か?智史も良くあんなおばさんと遣れるもんだな? 俺は絶対無理!智史が付き合いが悪くなったのもこれ?

夏休みに入り智史を誘うと「ごめん今日ちょっと用事有るんだ!」
親父は仕事だし母は俺が遊びに行って夜までは絶対帰らないの知ってるはず!
一度家を出て一回りしてからバイクを途中に置いてコッソリ帰ると、案の定智史のバイクが止まってて下品な母の声が家の中から聞こえてました。

少しすると母の声が止み笑い声が!
静かに成った所で寝床の襖を少し開けて見ると、大の字で仰向けの智史のチンポをシャブって「ホントいつも元気だね(笑)」
仰向けになる母に合体する智史!
盛り上がって激しく腰を振る智史に喘ぐ母!

バーンと襖を開けると2人はビックリしてました。
俺を見る事も無く慌てて離れると2人はパンツを履こうとしてました。
「良くやるよな!」
初めて俺を見た母「こ、光ちゃん‥」
「お父さんかと思った‥」
「俺なら良いのかよ!まったく」
智史「光ちゃん‥ごめん‥」
母「これは‥これはね‥」

「前から知ってたよ!智史お前のデカいな~こんなお袋で良いならいくらでもやれよ!」襖を閉めて居間に行くと智史と母は寝床で何か話してましたがやがて母の喘ぎ声が聞こえて来ました。
アチャー、こりねえなあ!暫くして智史と母が居間に出て来ました。

申し訳なさそうに座る智史!
母は開き直ったように智史の隣りに座り、「いつから知ってんのよ」
「智史が付き合いが悪く成った頃だよ!お袋大丈夫なのかよ!」
「大丈夫って何が?」
「何がって‥中に出してだよ!」
「ああそれ大丈夫よ!お父さんゴムが嫌だって言うからずーっと前からリング入れてるから」そう言って母はニッと笑った。

そのとき俺はハッ、とした。
おばさんなのにすげえ色っぺえ表情になったから…
「笑い話じゃ無いだろ!弟か妹が出来るかと思っただろ!」
「智史も良くこんなお袋とやれるな~?」
智史「でも凄く気持ち良いよ‥」

母「そうよね(笑)8回もした事が有るものね!それに智史ちゃんの大きいし(笑)」
智史「そうあの時5回目くらいから出なく成ったんだよね(笑)」
母「でも元気に成るのよね(笑)お父さんとエライ違い(笑)」とイチャイチャし始め今にもその場でおっ始めそうでした。

「分かった分かったもうあっちに行けよ‥」
母「だって!(笑)まだ1回だし行こうか(笑)」
智史「そうだね光ちゃんも良いって言うし(笑)」

「別に良い何て言って無いだろ!」
居間を出て行き様に智史「もう立っちゃった(笑)」
母「もう(笑)お父さん夜まで帰って来ないから‥9回挑戦してみる(笑)」
母「あっそうだ光一その辺行って悪さするんじゃ無いよ!」

「お袋がこれから悪さするんじゃね~か!親父にバレたら大変だぞ!」
母「光一が言わなきゃバレ無いよ(笑)」
寝床に入る時母は智史のパンツの中に手を入れ「凄い(笑)」

パタンと襖が閉まりゴソゴソと音がしたかと思ったら
「アッアァァ‥」パンパンパンパンパンパンパンパン
「突かれてる‥奥突かれてる‥もっと、もっと・・・」
やってらんね~!家を出ました。

それからは俺が居ても智史に電話する母!
「光一しか居ないから来ない!」
智史が来るとサッサと寝床に入る智史と母!
あっそれから9回の挑戦は失敗に終わったそうです!
智史の初体験は家の母だそうで、中高と秀才だった智史、俺とバイクで連むように成って成績ガタ落ち母と遣るように成ってガタガタ!
地元のガソリンスタンドに就職(アルバイト)して3ヶ月いまだに母に嵌ってます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする