あの?よかったらパイズリしてもらえますか? [セックス体験談]

一年浪人して某有名私立大学に無事合格して

この春から社会人になる予定の男です

主な登場人物のスペック。

俺:陸上部1年。細身で身長177cm。

ありがたいことにイケメンだと言ってもらうことが多い。親に感謝。

和馬:陸上部1年筋肉質で黙っていればそこそこかっこいいが、

とにかくうるさい上に女子に下ネタを吐きまくったり

覗きをしたりしてたから嫌われていたらしい。

優也:陸上部1年。

え?君が陸上部?って言われるようなデブ。

察しの通り種目は砲丸投げ。

美雪先輩:テニス部2年。身長は160cm。

そこそこ細身なのに色白で推定Cカップの理想体型。

理沙:テニス部同学年の女子。

明るい性格で女として見られないようなキャラだが割と可愛い。

推定Eカップの巨乳。身長は確か153cm。

高◯一年の時、陸上部で行った初めての合宿。

(陸上部は男子のみ)

自分が入学した年から合宿場の場所が変わり、

女子テニス部と同じ山梨県にあるところになった。

当然行く前から下心丸出しだったのは言うまでもない。

自分の高◯のテニス部は男子女子共に強く、

女子テニス部の美雪先輩は学校のマドンナだった。

男子テニス部で同級生からも後輩からも

モテモテな2年の高橋先輩と付き合ってると噂されていた。

当然俺は美雪先輩と話したこともなく、

いつも練習終わりにテニスコートを通る時綺麗だなぁと

眺めていただけのまさに憧れの存在だった。

合宿は5日間。

先輩たちの話ではかなりきついと聞いていた。

今まではコーチの知り合いが宿泊施設を

無償で提供してくれるということもあって新潟で行われていたが、

そのコーチがこの春から違う高◯に移ったことにより、

女子テニス部と同じ場所で合宿をすることになったという経緯。

1日目、頭の中はエロい妄想しかなく、

心を躍らせていたバスの中とは裏腹に、

到着した昼間から18時までの練習なのにヘトヘト1日目なのにもう死にそうだった。

そして練習後、部屋の使い方や夕食の説明、

明日からの予定などコーチから連絡を受けるために宿舎のロビーへ移動。

当然合宿といえば風呂覗きというワードが連想される。

実はホテルに到着する時バスの中から露天風呂があるのが見えていた。

これを楽しみに半日練習を乗り越えられた言っても過言ではない・・・

そしてコーチからの説明。

「夕食は19:00〜明日の朝食は8:30に食堂へ着替えて集合な、

その後2.3キロあるジョギングコースを歩いてそのまま練習場へ向かう。いいな?」

俺や和馬は風呂のことを聞きたくてしょうがなくて、

目でお前が聞けよという合図をしていると

「あーそうそうこのホテルは女子テニス部と俺たちで

貸切だから温泉は23時までなら自由に使っていいそうだ、

しかも露天風呂を使えるのは俺たちだからな〜感謝しろよ」

「・・・」

○ね・・・あぁ終わった、俺たちの夏合宿・・・泣きたかった。

いやちょっと泣いてた・・・3階へ行き、部屋割りを見ると和馬と同じ部屋だった。

そこでボーッとしてると和馬が帰ってきた。

俺以上に落ち込んでいるかと思ったけど、なぜか落ち込んでいる様子ではない。

「おい、1キロぐらい離れたところにコンビニあるらしいから行こうぜ〜」

「もうヘトヘトだわ、ダルいって」

と俺。

いいから来いと無理やり腕を引っ張られ連れ出される俺。

「あ〜あーもう楽しみ消えたなお先真っ暗」

と愚痴をこぼすと

「おい、これ見ろよ」

と女子テニス部の部屋割りの紙を渡してきた。

恐るべし切り替えの早さ。

紙を見ると俺たちの部屋は3階で女子テニス部の部屋は4階。

しかも誰がどの部屋にいるかまで詳しく書いてあった。

一瞬AVみたいな展開が頭をよぎったが、

「こんなのゲットしたところで・・・」

と言うと

「いざという時に・・・ないか・・・」

まぁそう楽しいことになったら人生苦労しないよな〜って話しながらコンビニに着いて、エロ本とお菓子だけ買ってコンビニを出た。

帰り道にどっちから来たっけ?と迷ってしまい、

まぁあっち行けばなんとか着くだろと適当に歩いていた。

そうすると、行きとは違う方に着いてしまい、ホテルの裏側に出た。

このまま回れば入口の方に行けるだろうと思って進むと行き止まり。

「うわーめんどくさい作りだなこりゃ」

と引き返そうとすると和馬が引き止める。

「おい、これ見てみろよ」

「ん?なにこれ?」

「もしかして風呂の窓だったりしたりして」

「ナイナイ。こんなとこが繋がってるわけないだろ」

と言いながら草をかき分け窓のところにいってみると、鍵がかかっていない。

え?と思ってあけてみるとまさかの風呂・・・2人で

「ええええええええええ!!!!!」

と顔を見合わせた。

くっそニヤけてたと思うww

「でも待て、これが女風呂の方かはわからないだろ」

と俺するともう一回和馬が窓を覗き込み顔を上げた。

「俺らの方に露天風呂が付いてるって言ってたよな?こっち付いてなくね?」

ニヤリ俺たちの夏きったああああああああ!!

ここからバカな男2人がない知恵を振り絞って計画を練り始めた。

窓から風呂を見てみると風呂からも外からも気になるような場所じゃない、

なんなら死角だった。

ホテルの作り的にコーチからバレることもなさそう。

ホテルの中からどこがどこに繋がってるか、ここへの来る道をもう一度確かめた。

そしてひとまず夕飯に向かう。

食堂のようなところでなんと女子テニス部も同じ場所にいた。

まぁそりゃそうか。

美雪先輩は練習終わりでシャワーも浴びてないジャージ姿なのにめちゃくちゃ可愛い・・・もうなんなら勃ってた。

コーチと女子テニス部の監督からもう一度連絡があり、

風呂は20時から23時までの間に入るように、

あとはロビーで受けた説明と同じような内容だった。

周りの男たちが

「露天風呂俺らだけだもんなー、正直ちょっと期待してた・・・」

「俺も、あぁ美雪せんぱぁい・・・」

というような会話をする中、俺と和馬だけはニヤけが止まらなかった。

とりあえず部屋に戻り、19:50ぐらいにコンビニに行くふりをしてさっきの場所に移動。

行きは明るかったが、

かなり暗くなっていて窓の近くは草むらだったのでコンビニで懐中電灯を買った。

これは本当に田舎で助かった。

「何時になるんだろうな〜あんまり長いことここにいるとコーチに怪しまれそうじゃね?」

「いやーでも汗だくだろうし、結構早く来るんじゃね?」

と和馬。

こんな話をしてる時もずっとニヤニヤ。

お前ニヤけてんじゃねーよとお互いにww

すると誰かが入ってきた・・・2年の先輩たちだ。

みんな露天風呂が付いていないこともあってか安心しきっている様子だった・・・

「うわ、えっろ・・・」

「こんなん見れていいの・・・」

童貞の俺らには刺激が強すぎたし勃ちっぱなしだった。

美雪先輩が飛び抜けているからあまり目立たないにしても、他の先輩たちのレベルも十分高い。

すると美雪先輩が入ってきた。

まさに理想の体・・・乳首はピンクでお椀のようなおっぱいまさに美乳。

筋肉質だがくびれもあってアンダーヘアーも整っている。

一切隠すことなくお湯を体に少しかけて、足だけを湯の中につけて話を始めた。

「いつもシャワー室で見慣れてるとはいえ、美雪の体はやっぱ綺麗すぎるわ〜」

「本当本当、男たちの気持ちもわかるわかる」

美雪先輩は微笑みながら

「そんなことないって〜」

と言うだけだった。

「高橋と付き合ってるの?」

と聞かれると

「付き合ってないよ〜あいつ女癖ひどいらしいし、ああいうスカした男嫌いなの」

と美雪先輩。

なぜかすごい嬉しかったww

すると一瞬こっちを見られたような気がした。

俺はすぐ窓から顔を上げて和馬の体を引っ張るようにして隠れた。

「どうしたんだよ、痛いなー」

「いや、美雪先輩がこっちを見た気がして」

「あそこからここが見えるわけないだろ」

「まぁそうか・・・でもビックリして・・・」

もう一度中を見るとみんな体を洗っていた。

「あーあーまじかよ〜今日はこれぐらいで帰るか、てか早く抜きたい」

「そうだな、そろそろ戻るか」

と言って部屋に戻った。

部屋に入った瞬間トイレに駆け込まれたからベッドの上で抜いた。

風呂に行って部屋に戻って、

「いや〜綾先輩のおっぱい綺麗だったよなぁ」

「あぁ、久美先輩あんなデカいとは思わなかった」

「てか、理沙のおっぱいやっぱデカかったなぁ。シンプルにやりてぇ。あいつ意外と下ネタの食いつきいいしww」

「いやぁでもやっぱ美雪先輩だわ、半端ない」

とずっとゲスな話をしてて疲れなんて吹っ飛んでた。

でも、夜更かしする前に眠ってしまっていて気がついたら朝だった。

2日目。

目覚めると雨が降っていて、これどうなるんだろ〜と思ってとりあえず和馬を起こし、着替えて食堂へ向かった。

食堂へ行くと飯を食べる前に女子テニス部の監督から説明があり、今日は雨で練習ができないので少し離れたところにある施設で合同トレーニングを行うという。

そこは体育館とジムがあり、大学のような施設だった。

そこへ着くと陸上部のコーチが仕切り出した。

体育館は体力トレーニングで、ジムはサーキットや体幹、筋トレなど個人の弱点に合わせた練習を行うといったもの。

長距離の俺は当然体育館、短距離の和馬はジムでサーキットや体幹を中心、優也はもちろんジムで筋トレ。

女子テニスでジムに行く人いるのかな〜と思ってたけど割と均等に分かれいて、理沙や綾先輩はジムで和馬はニヤニヤ。

なんといっても美雪先輩が体育館にいたことが俺にとっては嬉しすぎた。

こんな近くで美雪先輩と練習ができるなんて・・・ここからは体育館の話担当は俺たち陸上部のコーチだった。

「まずは体力別にグループを4つに分けるからシャトルランをしてもらう位置につけ〜」

俺は長距離だからまぁ最後まで残れるだろうなぁと思っていた。

周りを見ると長距離の選手は先輩1人だけで、他は全員ジムの方に行ったらしい。

もちろん目的の察しはついていた。

シャトルランが始まって徐々に数が減っていく。

最後まで残ったのは長距離の俺と先輩、そして美雪先輩だけだった。

グループがA.B.C.Dに分けられ、Aは最後まで残った3人だった。

これを体育館を4つに分けてレベル別に4つのメニューをこなしていくというもの。

すると、陸上部の先輩がいないことに気づき、コーチに聞くと肉離れかもしれないから医務室に行ったと言われた。

そう・・・Aグループは俺と美雪先輩だけになった・・・。

レベル別に分けられていたから数を均等にされることもなかった。

すると美雪先輩が近づいてきて、

「よろしくね!〇〇くんだよね?」

「はっ、はいよろしくお願いします!なんで自分の名前知ってるんですか!?」

「いつも理沙ちゃんから話聞いてるよー、クラスで面白いんだってね〜一発ギャグやってー」

と無茶振りを受ける。

「ばっ、ばかやろう急すぎるんだよばかやろう」

と咄嗟にビートたけしのモノマネをすると

「え〜似てな〜いw」

と笑ってくれた。

それだけで幸せすぎたし天使かこの人はと思った・・・めっちゃニヤニヤしてたと思う。

俺、昨日この人の裸見たんだよなと思うと股間が・・・ストレッチをする時も足を開いて前に押すやつ(名前忘れた)の時にジャージの隙間から谷間が見えてやばかった。

テニスのユニフォームって水着でいうチューブトップみたいなやつだし、こんなストレッチしたら必然的に谷間が・・・必然的に俺の股間も・・・。

「はい、交代〜」

と言われ、俺が押される番に。

その時、

「体柔らかいんだね〜」

と言われ、

「小さい頃空手やっててストレッチ続けてたので」

と言うと

「そうなんだぁ〜」

と体重をかけて床に顔がつくぐらい押してきた。

もちろん背中におっぱいが・・・内心はやばいって股間が・・・だったが、もっとやってくれって背中に全神経を・・・。

次にかかとを股の付け根につけて押すやつになり、あっやばいと思ってたらちんこを見られた気がした・・・うわやばい・・・と思ってると、次の瞬間耳元で衝撃の一言を言われた。

「ねぇ、昨日お風呂覗いてたでしょ?」

「えっ・・・?」

ちなみに想像しやすいように書いておきますと、学園のマドンナ、美雪先輩は芸能人で言うと、モデルの武田玲奈さんみたいなイメージです。

髪はロングだったのですが目元がよく似ていて、某雑誌のグラビアを見て体型がとても似ているなぁと思いました。

続き。

美雪先輩にストレッチをしながら耳元で

「昨日、お風呂覗いてたでしょ?」

と言われ、自分は頭が真っ白になってしまって、しばらく言葉が出ませんでした。

まさか本当に気づかれていたとは思ってもみたかったからです。

「昨日お風呂を出た後、ホテルの外に出てあの窓がついているところに行ってみたの。そうしたら、あそこからお風呂がよく見えたの。外から覗いてみると中からは死角になってるように見えるかもしれないけど、私の座ってたところからはちょうど見えてしまったの。ねぇ、見てた・・・よね?」

「は、はい・・・すいません・・・コンビニからホテルに帰る途中にたまたま見つけてつい・・・」

恐る恐る少し顔を上げてみると、美雪先輩の口元が微笑んでるように見えました。

「それでどうだったの?見たんでしょ?私のカ・ラ・ダ・・・」

美雪先輩は吐息を漏らすような声でこう言いました。

美雪先輩の事を何も知らない自分は、美雪先輩の口からこんな言葉が出る事にただただ驚いてしまい。

「とても、綺麗でした・・・」

と言うのが精一杯でした。

すると美雪先輩は笑っていました。

そして、こう言いました。

「2つメニュー終わったら休憩あるから、その時にジムに向かう途中にある空き部屋に来て。そこは多分人来ないから」

「わ、わかりました」

と返事をし、トレーニングどころじゃねぇよと思いながらただメニューをこなしました。

2つ目のメニューが終わった時、美雪先輩は着替えの入った小さいカバンを持ってジムの方向へ走って行きました。

自分も少し水を飲んだ後すぐにジムの方向へ向かいました。

ジムの方向へ向かってゆっくり歩いているとそれらしき部屋が見つかったので入りました。

そこにはすでに美雪先輩がいました。

「さぁ、どうしようか」

と笑みを浮かばせながら美雪先輩は言います。

自分はただ黙ることしかできずにいると

「監督に報告したいところだけど、合宿中に変な雰囲気にしたくないし、私の言うことを聞いてもらおうかな〜できる?」

この問いに自分はもちろん

「はい」

と答えます。

「まずひとつはもうお風呂を覗かないこと。昨日もう1人いたよね?とりあえず何か言い訳をつけて覗きができなくなったと言って。もうひとつは〜この合宿中私の言うことを何でも聞くこと。いい?」

自分は安心して

「はい、もちろんです。ありがとうございます」

と言いました。

「あ、最後にもう一つ、今ここでちんこを見せて」

「は、はい?」

耳を疑いました。

「だって、昨日私の裸見たんでしょ〜?実は私まだ処女で、男の人のあそこをちゃんと見たことないの、だから見せて」

いつもと変わらぬ満面の笑みで信じられないような言葉が美雪先輩の口から出てくることに驚きました・・・何より処女だということに・・・。

「はやくー監督に報告してもいいんだけど〜」

と急がされたので、とにかく脱ぐしかありませんでした。

その時は興奮というより驚きの方がデカく、通常時より萎んでいたぐらいでした。

すると、

「あれ?勃ってないじゃん〜勃ってるとこを見たいんだけどー勃たせてよ〜」

と言われます。

「いや〜そんなこと言われましても興奮したりする時に勃つので・・・」

「まぁそうだよね〜どうしようかな〜そうだ、私が今からここで着替えるよ。そうしたら勃つでしょ?」

とニヤニヤしながら美雪先輩は言います。

内心ガッツポーズですが、顔には出さないように

「え、えぇ、多分勃つと思います・・・」

と言いました。

すると部屋の隅にあった椅子を移動し、そこに座るように言われました。

美雪先輩は正面に立ち、逆側を向いて着替え始めるのです。

もう上のジャージを脱いだあたりからフル勃起でした。

静寂の中ユニフォームを脱いで下着を外します。

くびれに汗をかいているところが妙にエロく、少し横から見ればおっぱいが見えてしまいそうでした。

少し美雪先輩が屈んで乳首が見えそうで見えない時、我慢汁がヘソについているのがわかりました。

下着をつけて着替え終わるとこっちを向いて、ニヤニヤしながら自分のちんこをまじまじと見始めました。

「こんなに勃つんだ〜なんか出てるよ〜我慢してるの?」

と言葉責めです。

触るわけでもなくただただ自分の顔を見ながら最高の羞恥でした・・・。

しばらくすると美雪先輩はカバンを持って

「さっき言った約束は守ってね〜あ、そこにティッシュあるよ」

と笑って出て行きました。

もちろん速攻で抜いてバレないようにトイレに流しにいきました。

こんなことがあっていいのか・・・。

体育館に戻るとなんでもなかったかのようにトレーニングを再開し、夜になって宿舎に戻りました。

宿舎に戻り、覗きができる窓のところへ行くと、偶然か必然かわかりませんが鍵がかかっていました。

後々聞くと覗きをしていたこととは関係がなかったようです。

これを和馬に伝えると落胆しきっていましたが、オナネタはできたのでまだいいか〜と言っていました。

その夜も和馬と今日あったエロい話などをひたすらして(もちろん覗きがばれたり空き部屋での話はしませんが)夜が明けました。

3日目、いよいよ疲労がたまってくる時です。

この日は曇っていましたが、練習ができないほどじゃないので一日中練習でした。

ランニングコースから見えるテニスコートの美雪先輩を見ながら昨日のことを思い出しては股間が膨らんでいたのは言うまでもないでしょう。

夜になり、何もすることがなく22時ぐらいに1人でコンビニにいきました。

すると、美雪先輩と綾先輩と道中ですれ違い、少しドキッとしましたが何もなかったようにただ

「こんばんは〜」

と挨拶をしただけでした。

そして4日目なんと雨が降りました。

雨です。

これは恵みの雨なのか・・・少し期待をしていた自分がいたのも確かです。

4日目です。

目覚めると和馬がいないことに気づきました。

少しすると鍵を開けて帰ってきたので、

「どこ行ってたんだよ?」

と聞くと

「実は昨日の夜な・・・」

と話し出します。

話の内容は雨の日ジムで理沙とペアになり、少しエロいハプニングがあって下ネタの話をしていてら意気投合し、昨日の夜、理沙の部屋で繋がったということ・・・なんてこった・・・。

「悪いな、先に卒業させてもらったぜ」

「この野郎、許せないな」

「コンビニで買ったんだけど余ったからお前にやるよ、縁起いいぞ」

とコンドームを受け取りました・・・。

朝食前に、ちらっと以前和馬がゲットしてきた部屋割りを見ると、理沙と美雪先輩の部屋が隣だったことに気づきました。

もしかしてと思って和馬に聞くと、行為をしたのはお前が寝てしまった24時過ぎ、コーチの見回りが終わった後に安全を確認してということ。

雨ということで2日目と同じ概要でトレーニング再びジムと体育館に別れますが、意外とみんな仲良くなっていたため、ほとんど変わらない感じでした。

当然美雪先輩も体育館にいて同じ組でした。

あの生着替えの時からほとんど話していなかったので緊張していましたが、何事もなかったかのように話をしてきたので、すっかり仲良しになったみたいな感じで話をしていました。

そしてストレッチが始まり、僕が美雪先輩を押す番です。

当然ユニフォームの間から胸チラが見えます。

それもこの時は緊張をしていなかったため、体全体で押していて深い深い谷間が見えました。

そして勇気を出してこう言ってみました。

「美雪先輩、一昨日のこと覚えてますか?」

少し間が空いて

「忘れるわけないでしょ、覚えてるよ」

「その・・・どう・・・でした?」

「どうって・・・まぁ初めて見たからこんな風な感じなんだって思ったよ」

「興奮、しましたか?」

「・・・したよ」

ここで返す言葉が見当たらず詰まっていると、

「◯◯も私の裸覗いた時興奮したでしょ?」

「・・・はい、しました」

「オナニーした?」

わざとらしく

「もちろん、しました!」

すると笑って

「おい!笑」

と突っ込まれました。

ひたすら可愛い・・・押される方を変わり、

「てか◯◯、さっきから私の谷間見過ぎなんだけど〜」

バレてました・・・でもここは弱気にならず

「すいません、今夜もお世話になります」

と返すと満更でもない笑い声をしていたので、これはもしかするともしかするんじゃないか?と思い始めるようになりました。

次に少しわざとらしく、

「昨日、和馬が理沙の部屋行ったと思うんですけど何か知りませんかね?」

と聞くと少し間が空いて

「ヤッてたよ・・・24時ぐらいから1時間ぐらいずっと・・・」

「え?なんで知ってるんですか?」

「隣の部屋だから声が聞こえてきて・・・」

「興奮しましたか?」

「うん・・・」

「今夜もお世話になりまーす!」

「おいw」

この時も美雪先輩は満更でもない顔をしてました。

メニューが進み、昼休みになってジムの方に用事があり、行って帰ってくると美雪先輩の生着替えを見た部屋に明かりがついていました。

入ってみると美雪先輩が

「あれ?なんでここにいるんですか?もう直ぐ練習始まりますよ」

「女子更衣室が使えなくて、着替えたい人はトイレで着替えないといけないんだけど空いてなくて・・・着替えたいから出て行ってよ」

「そうなんですね、じゃあ出て行けませんねw遅刻しちゃいますよ、早く着替えないと」

「ちょっと◯◯、いい加減にしてよw」

「(腕組み仁王立ち)」

するとため息をついて逆側を向き着替え始めました。

上を脱いでブラを外します・・・屈む時に今日は乳首が見えてしまいました。

風呂を覗いた時以来の乳首です。

興奮が抑えられず、ブラを付け替える前に美雪先輩に抱きついてしまいました。

すると初めて少し怒った口調で

「ちょっと!」

と言います。

「乳首見えちゃいましたよ、先輩」

「・・・」

今となっては何でこんなことを言えたのかわからないけど、多分勢いだったと思う。

「あの、今日で宿泊最後じゃないですか、この合宿で仲良くなったばっかりでこんなこと言うのはなんですけど、今夜・・・その、初めてをもらってくださいませんかね?」

「・・・いやって言ったら?」

「今、おっぱい揉みます」

「・・・」

「・・・」

「・・・」

美雪先輩は僕の手をどかし、思いっきり後ろに僕を倒しました。

その間にブラを付けユニフォームを着て

「今夜ね」

と微笑んで部屋から出て行きました。

え?OK?

あの学園のマドンナ、みんなのオナネタ美雪先輩とヤレるの?・・・マジカ。

練習中も身が入るわけがなく、ずっとそのことで頭がいっぱいでした。

宿舎に戻って飯を食べている時も美雪先輩と目が合うことはありません。

風呂に入り、ボーっとしていました。

すると和馬が

「おい◯◯、今夜も理沙とヤるかもしれん。てか付き合うかもしれん」

と上気分で話してきます。

もちろん自分は

「おお、そうか」

と素っ気なく返事をしました。

じゃあなーと部屋を出て行き、しばらくしていると眠りについてしまいました。

気づくと夜中の1時・・・え・・・おいまじか・・・本気で焦りました・・・美雪先輩とヤレるのに・・・もうこんな機会ないかもしれないのに・・・とりあえず和馬からもらったコンドームをポケットに入れ、部屋割りを確認して部屋を出ました。

階段を登り、美雪先輩の部屋に行くと鍵がかかっていませんでした。

入ると中ぐらいの電気が点いていて、ベットで雑誌を読んでいました。

「ちょっと、遅いじゃん。来ないと思ってもう寝ようとしてたとこだよ」

「すいません、寝てしまってて・・・」

「寝てた?信じられない・・・私はドキドキしてたのにそんな感じなんだね」

「いや、違うんですよ・・・」

「まぁいいわ。これ見て」

と言って雑誌のある記事を見せてきました。

書いてある内容は初めてのH。

読んでいくと処女膜が破れ血が出ること。

最初は快感ではなくただ痛いこと。

美雪先輩はベットから降り、ドアの方へ向かって行き、鍵を閉めました。

「初めては痛いらしいじゃん。でも慣れてくると気持ちよくなるんだって。初めてが痛いだけだったらさ、今後ずっと怖いからさ気持ちよくなるまでしてくれる、よね?」

と頬を赤くして言うのです。

もうめちゃくちゃ可愛いし勃ちまくり・・・。

「夜は長いですよ」

とニヤニヤしてキスをしようとすると

「じゃ、お風呂入ってくるねー」

とかわされました。

しばらくするとバスタオルだけの美雪先輩が立っていました・・・もちろん俺の息子も勃っていました・・・。

「◯◯はもうお風呂入った?」

「はい、一応。少し前ですけど」

「そっか」

「・・・」

「じゃあ・・・脱いで・・・」

「はい・・・」

「えー、もう勃ってるじゃんwてかこれってデカい方だよね?触っていい?」

と言いながらもう握ってました・・・。

「そうなんですかね?ちょっ、ちょっといきなり・・・」

「どうすればいいの?」

「いや、もう気持ちいいですけど、そのまま上下に動かしてもらえれば・・・」

「どう?」

「ヤバイです・・・気持ち良すぎます・・・」

手コキがこんなに気持ちいいとは思わなかった・・・何より今俺のちんこを握ってるのはあの美雪先輩・・・。

「こんな感じ?」

と顔を見つめられて言われると今にも・・・。

するとニヤっと笑い、しごくスピードを早くしてきました。

「ちょっ、ちょっとタイム・・・ヤバイですって」

何も言わずどんどんしごくスピードが早くなります。

もうヤバい・・・声を出す前にイッてしまいました。

美雪先輩の顔を見ると見事に全てかかっていました・・・いわゆる顔射です。

「ちょっとー、イクならイクって言ってよ・・・」

「すいません・・・気持ち良すぎて・・・ティッシュ取ってきます」

「あーいいよ、もう一回お風呂入るよ。お湯そのままだし◯◯も来て・・・ってまだ勃ってるじゃんw」

かなり出たがもちろんまだギンギンだった。

「こりゃ寝れないね」

と笑って言う美雪先輩興奮が止まらない。

美雪先輩とお風呂・・・夢にも見たことないぞ・・・。

「ねぇ、せっかくだから体洗ってあげるよ」

「マジすか!?じゃお言葉に甘えて・・・」

肩から順番に体を洗って足も洗って・・・すると美雪先輩がちんこを見つめながら

「ホント元気だなーこいつ」

と言ってツンツンしてきます。

「そりゃこんな近くで裸の美雪先輩が自分の体を素手で洗ってくれてるんだから当たり前じゃないですか〜」

「じゃあここも洗ってあげるよ」

と言ってボディソープを泡立て再びちんこをシコシコ・・・ヤバイヤバすぎる・・・こんなんまたすぐイッてしまうと思ったので

「美雪先輩、自分も洗いますよ」

といって一時中断し、なんとかセーフ

「いやーさっき洗ったしいいよ〜」

と言われましたが、お構いなしに洗い始めました。

まずは無難にお腹からくびれ、そして背中・・・そして太ももが終わり、さりげなくおっぱいへ・・・美雪先輩は何も言いません。

自分も何も言わずにボディソープを足しておっぱいを洗い・・・揉み始めました。

初めて触るおっぱい・・・もしかしたら長い時間経っていたのかもしれません。

美雪先輩の息が荒くなってきたので、やめてシャワーで流すことにしました。

バスタオルがもう一枚しかなく、お互いに体を拭き、全裸でベットへ向かいます。

「美雪先輩・・・」

「なに?」

「あの・・・美雪先輩ってエロいんですねw」

「はー?普通じゃない?てかどんな人だと思ってたわけ?」

「いやーわからないですけどw」

「・・・」

ここだと思い、近づいてキスをしました。

舌を入れると美雪先輩も絡ませてきてくれて、よくAVで見る感じになってると安心していました。

そのまま右手をおっぱいに伸ばし、乳首を優しく弄ったり摘んだりしていると、美雪先輩はどうも乳首が敏感らしく、体が反り返して感じていました。

ディープキスを一旦やめ、先輩の後ろに回り、おっぱいを集中的に責め始めました。

すると、最初は声を出すのを我慢していましたが、徐々に声が漏れ始めました。

「あっ・・・んっんっ、ちょっと乳首ばっかり責めすぎだから・・・」

「嫌ですか?」

「いやっじゃ・・・ないっけど・・・」

美雪先輩のおっぱいはCカップ以上あるように感じるほど弾力があって、お椀のような理想なおっぱいをしていて、ずっと揉んでいたいと感じるような柔らかさでした。

おっぱいを下から持ち上げたり揺らしたり、指を埋め込んだりしました。

そろそろかな〜と思い、美雪先輩の前に回り、顔を数秒見つめた後、少し微笑んで乳首を舐め始めました。

すると、今まで以上に感じ、ペロペロゆっくり舐めていると

「んんんっちょっ・・・ちょっと・・・」

と声を漏らしたので舐めるスピードをあげると

「あっ・・・・・・いや・・・・・・んっんっんっんんんん・・・」

「気持ちいいですか?」

と聞くと

「気持ちい・・・・・・・・・い」

と顔を赤くして答えました。

「はぁ・・・はぁ・・・はぁんっ・・・んっ・・・・・・だめ・・・・・・・・・もうやめて・・・」

と言われたので離れると、何も言わずに俺のちんこをしごき始めました。

どうする?という目で見てきたので

「あの?よかったらパイズリしてもらえますか?」

「えーできるかな・・・私そんな大きくないし・・・」

「たぶん大丈夫ですよ!」

「じゃあやってみるね」

と言って足を広げると、美雪先輩は自分のおっぱいを寄せてギンギンに勃起している俺のちんこを挟みました。

「できてる?」

「はっ、はい・・・動かしてください・・・」

両手で寄せられた谷間から、亀頭が少し見えていました。

「こんな感じ?」

「はい、気持ちいいです・・・

「ほんとにこれが気持ち良いの?」

と上目遣いで俺を見てくる。

「めっちゃ気持ちいいです・・・・・・・・・」

何度も言うようだが、合宿に来る前は一度も話したことのないみんなの憧れる先輩だった・・・そんな人が今自分のちんこをおっぱいに挟んで上下に動かしている。

当然長く持つわけもなく、イキそうだった。

「先輩、もうイキそうです・・・」

「えっ?ほんと?どこに出す?」

「えーっと、どうしましょう・・・」

と言ってる間に限界を迎え、ちんこを離しておっぱいにぶっかけた。

「うわーいっぱい出たね」

そのまま精子を拭き取ることなく、そのままおっぱいに塗り、乳首を責めながらまんこを弄り始めることにした。

でもいざ弄ろうとしても、童貞だった俺にわかるはずもなく、美雪先輩に教えてもらいながらいよいよ挿入・・・。

すると、入れる寸前に美雪先輩が話し始めました。

「実はね、前に付き合ってた人に無理やりされそうになったことがあったの・・・その人のことは好きだったけど、体目的だったんだって思って別れたんだ。その時すっごく怖かった。だから優しく・・・してね」

「はい、もちろんです。痛かったら言ってくださいね」

「うん。」

「じゃあ、いきますよ・・・」

ゆっくり挿入し、美雪先輩は痛そうな顔はしていたけど何も言いませんでした。

奥まで挿入し、

「大丈夫ですか・・・?」

と聞くと

「大丈夫、続けて」

と言うので、ゆっくり出し入れしてみました。

すると徐々に気持ちよくなってきたのか、

「んっんんあっあっ気持・・・ちいい」

と言うので、少し早めたりおっぱいを揉んだりしているうちにイキそうになり、3度目の射精をしました。

ゆっくり抜き、ティッシュでお互いの体を拭き合って横になりました。

「なんか変な感じ・・・でも気持ちよかったよ」

「俺もめっちゃ気持ちよかったです。童貞を美雪先輩で卒業したなんて今でも驚いてます」

「わたしも◯◯くんでよかったよ」

「そんなこと言ってもらえるなんて・・・」

「あっもう3時だね・・・でも全然眠たくないや」

「俺もです。これからどうします?」

「んーどうしようね・・・さすがに3回もいっておちんちんもお疲れみたいだねw」

「いや全然そんなことないっすよ!まだまだできますけどコンドームないのでこの辺にしときますw」

「強がらなくていいからw」

するとあることを思い出した。

「あっ!ちょっと待っててください!部屋行ってきますから!」

「えっ?うん、わかった」

数分して戻ると、美雪先輩は部屋に備え付けである浴衣?みたいなのを羽織っていた。

「おかえりー、なに持ってきたの?」

「生クリームです!」

「生クリーム?なんでそんなのあるの?」

「陸上部の先輩が誕生日でコンビニでパンとクリーム買って顔面パイやったんですよ〜それの余りが残ってたので持ってきました」

「へーそうなんだ。で、どうするのそれ?」

「あのー、前AVでみたんですけど、生クリームを体に塗ってそれを舐めるみたいな・・・」

「えーなにそれエロw」

「お願いします!一回やってみたかったんです!」

「どうしよっかなー、まぁ楽しそうだし〜やってみる?」

「ありがとうございます!じゃまず裸になって寝てください」

「めっちゃ嬉しそうじゃんwはいはい〜」

生クリーム1本分あったので、まずは1/3ぐらいをおっぱいを中心に上半身に塗りました。

お腹らへんから舐め始め、徐々に上へ。

「これ・・・なんかやばいっ・・・」

いよいよおっぱいへ突入です。

生クリームでまるまる隠れたおっぱいに下を垂直に入れ、真ん中をピンポイントで舐めました。

体がビクンッとし色っぽい声を出して喘ぎ始めました。

その後も、生クリームを舌で乳首に寄せながら乳首を中心に生クリームを舐めとっていきます。

ちょうど舐め終わった頃に

「これやばいわ・・・乳首弱いのはわかってたけど、こんな感じるとは思ってなかった。」

「まだ半分以上ありますよ?w」

「まだ・・・やるの?」

「やめましょうか?」

「まぁもったいないしやろうか(照」

この時の顔が可愛すぎる・・・。

今度は右手に生クリームを持ち、

左胸にめがけて少しずつ絞りながら高速で舐めては絞り、

舐めては絞りというように責めました。

もうマンコはぐちょぐちょになっていたので、ここで

「美雪先輩、普段オナニーとかしますか?」

と聞いてみると

「えっ?ま、まぁたまにするけど・・・」

「本当ですか?週何回ぐらいですか?(生クリームを絞りながら」

「えー、1回ぐらい・・・」

「本当は?(乳首を舐めながら」

「2日に1回ぐらい」

この時の顔を赤くして答える姿がもう・・・ニヤニヤしながら

「オナニー見せてくださいよ」

と言うと

「◯◯のちんこが苦しそうだからこれ使って舐めてあげるよ」

と切り返され、下を脱がされ、ちんこに生クリームを絞られました。

フェラというよりも飴を舐めるようにカリを舐められビクンビクンしていました。

やがて限界を迎え、4度目の射精をしました。

もうほんの少ししか出ずに、生クリームも切れたので周りを片付け、

一緒にシャワーを浴びてそのまま眠りにつきました。

朝になり、目がさめると隣には裸の美雪先輩が寝ていて、

あれは夢じゃなかったんだなと思って時計を見ると

集合時間までもう30分ほどしかなく、

美雪先輩の肩をさすっても起きなかったので、

乳首を舐めてみるとすぐに起き、お互いの顔を見合って笑ってしまい、

そのまましばらく抱き合い、服を着て朝食へ行きました。

その日は最終日だったので、

ご褒美ということでテニス部と陸上部で合同で体育館でドッチボールをしたり

バスケをしたりして、帰りのバスに乗り地元へ帰っていきました。

帰りのバスで和馬の自慢を聞き流し、

合宿の思い出を振り返っていると、

合宿に来る前の自分じゃ信じられないことだらけだな〜と思っていました。

夏休みが明けて、美雪先輩にデートに誘われ、

勇気を出して告白してみるとなんとOK。

それからは・・・また時間ができたら書きます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする