やめてやめてと言いながらも嫁は感じてるようでした…[セックス体験談]

夏休みを利用し、3組の家族で1泊2日のキャンプに行きました。

妻の友達家族と一緒で、

夫連中は全員初めて会う旦那ばかりでした。

今でもまだ信じられませんが、

S家族の旦那に私の嫁が胸を揉まれているところを目撃したのです。

それは夕食後の後片付けの時でした。

男連中はもうしこたま飲んだという感じでグッタリと座り込み、

片付けも出来ないという感じでした。

嫁さん連中と子供達は少し離れた炊事場に行き、

食器を洗っていました。

1人2人と帰ってきて、

私の嫁さんと子供達だけで炊事場にいるようでした。

私は嫁を手伝おうと思って炊事場に行くと

信じられない光景を目にしました。

誰もいない炊事場で、私の嫁がSに胸を揉まれていました。

水は流れっぱなしで、コンクリートのシンクに手を突き後ろから両手で服の上から揉まれています。

嫁は白いキャミを着ていて、髪の毛は結んでポニーテールにしていました。

Sは胸を揉みながら嫁のうなじの辺りに顔を埋めています。
嫁は嫌がりながらも揉ませています。

嫁は29歳、Sとはいつからこんな関係なのか。

今日からなのか?

Sは嫁と同じくらいの年齢だと思う。

Sとは今日初めて会ったが、ノリが良く面白いイケメンの男だった。

微かに嫁がハァハァ言ってるようで、私はこの光景を目の当たりにされて言葉も出ませんでした。

どうして良いか分からず、ただ呆然と立ち尽くしていました。

本人達は私がここにいる事に気づいていないのでしょう。

私の立ってる位置は逆光で暗いのです。

やめてやめてと言いながらも嫁は感じてるようでした。

私はショックな気持ちとは裏腹に、チンポはギンギンに勃起しました。

時間にすれば何分もないのですが、かなり長い時間に感じられました。

ガヤガヤと人の声が聞こえて嫁とSは我に返るように離れました。

私も静かにその場を離れました。

やがて何食わぬ顔をして嫁が帰ってきて、私に

「缶チューハイを飲む?」

と言って渡しました。

私は嫁の胸を見ました。

先ほど他の男に揉まれていた胸です。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!