高3のお姉ちゃんと小5の俺のSEX三昧な日々[エッチな話まとめ]

小学生のときに毎週末に泊まりに行ってた親戚の家に、

高校生のお姉ちゃんがいました。

いつも一緒に遊んでくれて、

土曜日に学校が終わると小学校まで自転車で迎えに来てくれて2人乗りで帰った。

お姉ちゃんにしっかりしがみつくと、

いつもいい匂いがしていたのを覚えてる。

その日は2人でプールに行き、

流れるプールでお姉ちゃんに抱っこしてもらって遊んでた。

今思えば、顔を丁度胸に押し当てる感じで抱っこしてくれていた。

そして、いつの間にか抱っこされなくてもプールに入れるようになった5年生の夏、

いつものようにお姉ちゃんとプールに行き、

夜は一緒にお風呂に入ると、

お姉ちゃんがいつもより念入りに背中を洗ってくれて

「はい、こっち向いて」

と言って俺を向かせると、

全部洗った後にチンチンだけしつこく洗いだした。

俺はまだオナニーもした事がなく、女の人の裸を見ても勃起するだけで十分だったので物凄い衝撃だったのを覚えてる。

そしてお姉ちゃんはボーッとしている俺にシャワーをかけ、泡を落とすと「もっと気持ちいい事しよう」と言って、フェラしてきた。

まだ包茎だった俺の皮を剥いて、カリのところを舌で舐められたら背中に電流が走り、射精した。

初めて射精したから俺はビックリして泣いてしまった。

そんな俺を抱きしめて一緒に湯船に浸かっていると「おっぱい吸ってみる?」と言うので、そっと乳首を咥えて吸った。

お姉ちゃんは気持ちいいのか、少し声を漏らして俺の頭を押し付けるように抱きしめた。

お姉ちゃんは俺のチンチンを握り、しごいて勃起させ「今度は2人で気持ちよくなろうね、じっとしててね」と言って俺をマットに寝かせ、跨いだ。

そのときオマンコを初めて見てちょとグロイと思ったが、すぐに帳消になった。

お姉ちゃんはチンチンを握り、自分のオマンコに当て、そのまま腰を静かに沈め挿入し、腰を振ったが5回くらいだったか俺が射精してしまい終わった。

それから毎週末は高3のお姉ちゃんと小5の俺のSEX三昧な日々が続いた。

友達は2人乗りして帰ってるのだけでも「いいなぁ」と言ってるが、それ以上のことは誰にも内緒だった。

もうあれからずいぶん経ち、俺は30歳、お姉ちゃんは37歳になってお互い結婚したが、関係はいまだに続いてる。

そう、19年も同じ女性とSEXしている。

多分どちらかが死ぬまで続くだろう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!